ウイルス!感染症を予防!!海外での蚊、ダニ 虫対策

Fotolia_110657493_XS

海外旅行も、最近では燃油サーチャージの負担軽減や安価なツアーが増え、国内旅行並みに気軽に行ける旅となりました。

しかし、気軽に行けると言っても渡航先によっては、日本との時差が大幅にあるとか、気温や気候が大きく違うことで、知らず知らずのうちに免疫力が低下し、体調を崩しやすい状態になることもあります。

何事もなく帰国できればいいのですが、免疫力や体の抵抗力が落ちていると、食べ物や飲料水、虫刺され(蚊・ダニ・ブヨ)などで、感染症にかかってしまうことがあります。

今回は、海外で感染症にかからないようにするための、基礎知識と簡単な予防方法をご紹介です。

あらかじめ予防接種が必要な渡航先

海外旅行時予防接種表

海外へ旅立つときには、日本にはない病原菌が海外で発生していることをきちんと理解して、渡航先に応じた予防接種を受けて感染症にかかることを防ぐように努めたいものです。

渡航先や滞在期間によっては、予防接種が必要のない場合もありますし、逆に地域によっては必ず受けなくてはならない予防接種もあります。

例えば、蚊に刺されて発症する可能性のある黄熱は、感染リスクのある地域として、中南米、アフリカ地域があげられますが、コチラ方面へ出かける際には予防接種が必要です。

また、世界中に見受けられるA型肝炎は、衛生状態が良くない場合とか、飲料水の管理が行き届いていない地域での発症リスクが高くなっています。
たとえば、発展途上国に中・長期(1か月以上)滞在する人は、A型肝炎の予防接種が必要です

その他にも、ジャングル・湿地帯地域では破傷風、
野犬やキツネ、コウモリなどが多い地域へ行く時は、狂犬病の予防接種が必要です。

特にブラジルへご旅行に行かれる時は、黄熱、A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病の予防接種と、消化器系の感染症やウイルス性肝なども年間を通して発生しています。
水道水や生で食物を食べることは避け、必ず加熱されたものを温かい内に食べるように注意してください。

詳しくは「厚生労働省検疫所FORTH」 http://www.forth.go.jp/useful/vaccination.html

虫に媒介されるウイルス感染症

Fotolia_118212517_XS

蚊、ハエ、ブヨ、ノミなどの虫やダニは、黄熱病、マラリア、デング熱、クリミア・コンゴ出血熱などの病気を発症させるウイルスや細菌、寄生虫などの病原体をもっており、人に感染させるリスクがあります。

現在、中南米を中心にカリブ海領域でも流行し、アジアや南太平洋地域へも広がりつつある「ジカウイルス感染症(ジカ熱)」も主に蚊によって媒介されますので、中南米で蚊の多く発生する場所へ行くときは、十分な注意が必要です。

通常、感染しても症状がでる人はおよそ2割程度と言われ、ほとんどの場合が軽く済むようです。
しかし、ごく稀に筋肉を動かす運動神経が冒され、両手両足に力が入らなくなるギラン・バレー症候群や、妊婦が感染すると小頭症などの障害を持った子どもが生まれる可能性があることが判明しています。

ジカウイルス感染症

現在、ジカ熱を予防するワクチンや、治療薬はありません。そのため、ジカウイルスの感染を防ぐしか、身を守る方法がありません。

まずは、媒介する蚊に刺されないことが、唯一ジカ熱発症の予防となるわけです。

刺されないための服装・虫よけ対策グッズ

Fotolia_103633415_XS

蚊に刺されないようにするための衣服を着る

蚊がいるような場所に行くときは、服装に十分注意をしましょう。いくら暑くても、半袖に短パン、素足でサンダル履きなどはNGです。

望ましいのは、袖が肌に密着した長袖シャツと長ズボンにブーツ、ネット付きの帽子というスタイルです。

肌の露出部分ができるだけ少なくなるように服装を考えてみてください。
また、衣服に付いた虫やダニなどを見つけやすくするためにも、シャツやズボンは白か薄い色を着用することをおすすめします。

蚊(ダニ・ブヨ)に刺されないために虫よけ剤を使用する

屋外はもちろんのこと、室内でも蚊に刺されないようにするには、肌の露出している箇所に虫よけ剤などを使用することをおすすめします。

ただし、多くの虫よけ剤には「ディート」という成分が配合されています。
一般的には、ディートは毒性が低いとされていますが、ごく希に体への影響がある成分でもあります。
使用の際には使用回数を守るなど、使用上の注意を良く読んでお使いください。

海外旅行で感染症を防ぐための蚊、ダニ対策まとめ

Fotolia_117077130_XS

世界の地域、特に熱帯や亜熱帯地域の国々には、まだまだ感染症となる要因が多くあります。

楽しい海外旅行にするためにも、海外旅行へ行く際は渡航先の感染症について、事前に予防接種が必要かを調べ、必要であれば近くの医療機関で受けることをおすすめします。
そして、感染症の予防対策についても、十分情報を収集してから海外旅行に行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加