歯が健康なアフリカ人から学ぶマウスケア お手入れ方法は?

Fotolia_98943617_XS

アフリカ人と言えば、白い歯がとても印象的ですね。

アフリカは世界でみても虫歯が少ない地域として知られています。

その理由として砂糖の摂取量が少ないことや、野菜や穀物を食べている食生活なども理由のようです。

そんなアフリカ人の葉がキレイである理由の一つに我流の歯磨き方法がありました。意外と知っている人も多いのではないでしょうか?

アフリカでは 木の枝 が歯ブラシ?

886cfd03a90b8770d1e559cb5c17c793_s

日本人は元々歯が黄色い人種です。

それに比べて、アフリカ人は歯が白く 黄ばみにくい、歯の性質をしています。

さらに肌が濃いためコントラストの影響で、余計に白く輝いて印象的に見えます。

そんなアフリカの歯磨きは一部の地域でとても特徴的な磨き方をしています。

日本で普通に使用する、プラスチック系の歯ブラシや、歯磨き粉などもアフリカで売ってはいるのですが、ほとんどのアフリカ人が歯磨き用の木の枝で磨くのです。

木の枝と聞いて驚かれたかもしれません。

昔はエジプト人やギリシャ人、ローマ人などもこの方法で歯を磨いていました。
それも約300年前の話しとされていて、今ではその方法で歯を磨いている人はいません。

アフリカ人は歯磨きの木はどうやって手に入れるの?

Fotolia_84945120_XS

アフリカでは路上などで子供が小枝の歯ブラシを売り歩いていたりします。

使うのはアカザ科の低木やライム・オレンジの木を利用します。

東アフリカでは300種類近くの木から作るそうで、きっと現地ではどの木がよく磨けるなどの差があるのだと思います。

アフリカ流ブラッシング 歯磨き 方法

Fotolia_68556866_XS

使い方は、木の枝は硬いので口にはさみしっかり噛みます。

噛んでくるうちに口の中に気のカスが残りますが気にしないでそのままにします。

先端がやわらかく不揃いになったところを使って磨きます。

日本人からすると枝は硬いし、葉が弱い人はかけてしまいそうです。

でも、噛むことはいいことですし、唾液を分泌することで虫歯を防ぐ効果や歯茎も強くなるとされています。

近年ではアフリカの人もプラスチックのものを使用している人も増えたので何だか残念ですよね。

現代はそういった樹の樹脂などから虫歯を防ぐ効果のある成分を抜き出してプラスチックの歯磨きに付けて使う場合もあるようです。

日本人はとても考えられない木の歯磨きですが、よく噛むことは健康にも美容にも繋がります。

日本も以前はよく噛むことを意識した生活をしていましたが、柔らかい食べ物を多く食べるようになった現代は歯が弱い子供が多いといいます。

アフリカに行った際は、木の歯ブラシで磨いてみたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加