スーツケースのレンタル料金

家族旅行でスーツケースが必要になった時、それなりのものを購入しようとすると、一つ2万円~3万円ほどの費用がかかります。家族分のスーツケースを購入すると大きな出費となってしまいます。そんな時はレンタルを利用すれば、出費を抑えることができます。

スーツケースのレンタル料金

アイエルレンタルのレンタル料金は、実際に滞在する日数分だけとなります。旅行前の3日間と旅行から帰ってからの1日分の準備期間4日間はレンタル料金が無料となっております。実際に旅行に行った日数分だけしか料金がかからないので大変お得です。

例えば、機内持ち込み対応サイズの格安商品なら6日間で約4220円、大サイズなら6日間で約5120円になります。万が一壊れてしまった時に修理代などを弁償せずに済む破損保障は約500円から入ることができます。旅行中に破損の心配をするよりも加入しておくほうが安心です。

スーツケースをレンタルするとコストカットできる

レンタルは、1日当たりの料金が格安になっているので、購入する場合に比べると圧倒的に安くなります。

注文はインターネットか電話から出来て、料金の支払いはクレジットカード、銀行振込み、代金引換払いから選ぶことができます。

家族旅行で複数個必要になる場合などは、購入するよりレンタルした方が安く済みます。レンタルでコストカットした分を旅行費用に充てる事が出来るようになります。

またレンタルしたスーツケースは、旅行から帰って次の日に返却すれば良いのでのんびりと旅行の余韻に浸りながら片付けをすることが出来ます。

短い日数でも利用できるレンタルスーツケース

2日間などの短い旅行であってもレンタルを利用することができます。その場合は、最低利用日数が4日からとなっているので4日分の料金が必要になります。出発直前でも利用可能なので、急に必要になった時などにも便利です。

また、旅行以外にも撮影の時の小物として利用したり、イベントで利用するなど、活用方法も様々です。

スーツケースレンタルで紛失した場合

まず、空港でスーツケースを受け取る際にベルトが紛失していた場合、空港で証明書を発行してもらいます。航空会社から代わりのベルトがもらえた場合は、返却時にスーツケースと一緒にそのベルトを返却すればOKです。

もし旅先で無くしてしまった場合などベルトが返却出来ない時は、紛失料金が請求されることになります。また、付属のハンガーや鍵をなくした場合も同じです。付属品は破損保障適用外のため紛失の際には料金が請求されますので注意が必要です。

さらに、スーツケース本体がなくなった場合には、航空会社に預けた後のロストバゲッジであれば、航空会社に補償してもらえることもありますが、そうでない場合には自己責任となりますので海外旅行保険の携行品保険に入る事をおすすめします。カメラや服なども保険会社で保証してもらえるケースもあります。

家族分のスーツケースをレンタルにすれば、購入費用を大きく抑えることができます。

短い日数からでも利用することができますので、レンタルの利用を検討してみることがオススメです。また、使ってみて欲しいと思ったら購入を検討することもできるので、レンタルで気に入った商品を見つけるのも良い方法です。

豊富な商品と手ごろな価格が魅力

アイエルレンタルでは最新のデザインのものを取り揃えており、新品、準新品、通常品と、たくさんのサイズやカラーから選ぶ楽しさもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする