スーツケース ファスナー タイプは軽いです

旅行や急な出張の際に便利なスーツケースのレンタル。スーツケースにはファスナータイプとフレームタイプがあり、レンタルする際にそれぞれの特徴を理解して使い分ければより快適な旅行になります。今回はファスナータイプをご紹介しましょう。

ファスナータイプのスーツケースの特徴

ファスナータイプのメリットは壊れにくさと軽さです。フレーム部分にファスナーと布を使用しているので、金属フレームタイプより遊びがあり、衝撃が吸収されやすいのです。

さらに、軽いので持ち運びがしやすく、空港での荷物の重量制限にひっかかりにくくなります。また、遊びがある分かさばる荷物を詰め込みやすいのも利点の一つです。旅行先でお土産が思いのほか多くなった場合等に威力を発揮するでしょう。

また、このタイプは簡単に開け閉めできるほか、必要以上に開けなくても中の物が取り出せるというメリットを持っています。

フレームタイプだと、開閉の時に丸ごとケースの片方を開かなければならず場所を取りますし、荷物が丸見えになってしまうことも!しかしファスナータイプだと、小さな荷物を入れる場合はちょっとだけファスナーを開けて中に荷物を入れればいいので、開閉に場所も取りませんし、中の荷物が丸見えになる心配もありません。混雑している機内でしまう場合などは非常に便利です。

ファスナータイプのデメリット

ファスナータイプタイプのデメリットは変形する分、中の荷物に衝撃が伝わりやすい点です。精密機器やお酒の瓶などを入れるのは避けたほうが無難です。またセキュリティ面も弱点で、ロックがかけられるとはいえ布地の部分はカッターで簡単に切断されてしまい、窃盗リスクを伴います。持ち運ぶ際は無くなると困るものはなるべく入れないようにする工夫が必要です。とはいえ、海外での窃盗は本体ごと持っていかれることが殆どですので、貴重品をきっちり管理出来るならそこまで気にする必要もないでしょう。

悪天候で中身が濡れてしまうのでは?という点については防水効果が進化していますので、移動中の少しの雨くらいなら心配はありません。

衝撃がスーツケースの中身に伝わり破損しやすくなるという点については精密機械や割れ物は手荷物にするなど工夫することで対策をとることができます。

さらに、空港などで高いところから投げ落とされるというような手荒な扱いにも耐えられるように、万全な対策のためにはスーツケースベルトの利用も検討すると良いでしょう。

スーツケースのレンタルでお試し

スーツケースのレンタルなら今までと違うタイプも試すのはおすすめです。

口コミでも「最新のデザインのものを利用できてうれしかった」「海外でも注目された」、といった声が良く聞かれています。「今まで使ったことがなかったファスナータイプを初めて利用してみたけれど、快適で思ったよりも丈夫だったのでこれからはファスナータイプにしようと思う」、という口コミも女性や高齢者から多く寄せられています。レンタルならデザインや機能性から好きなものを選ぶことができるのでとても便利です。

ファスナータイプをレンタルしてみる

スーツケースをレンタルするときに一般的なフレームタイプを自然と選んでいるのではないでしょうか。ファスナータイプは軽くて荷物の出し入れが簡単というメリットがあります。

旅行はどうしても移動が多いですから、少しでも軽いスーツケースは有難いですよね。ファスナータイプは軽くて持ち運びしやすく、機内に持ち込めるサイズも豊富にそろっています。

ファスナータイプの便利さをぜひ、体感してみてください。着替えやタオルなどの軽いものをもって旅行に行き、おみやげを購入して帰るという方には特におすすめです。

スーツケースには旅行先や目的によって適したサイズとタイプがあります。

国内旅行や短い旅行には軽くて扱い易いものが便利です。ファスナータイプでも見た目が華やかで美しく、機内に持ち込める軽量サイズのものもたくさん取り扱いされています。イギリスのアントラー、日本製のエース社のプロテカなどのブランド品は格調高いデザインが特徴です。

スーツケースのレンタルを利用すれば、行き先に応じて最適なものを選ぶことが出来ます。上手に利用して快適な旅行にしたいですね。

豊富な商品と手ごろな価格が魅力

アイエルレンタルでは最新のデザインのものを取り揃えており、新品、準新品、通常品と、たくさんのサイズやカラーから選ぶ楽しさもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする