スーツケースの種類(フレームタイプ)

スーツケースをレンタルする場合、どんなスーツケースを選んだら良いでしょうか?今回はフレームタイプのスーツケースをレンタルする場合について説明し、その特徴を詳しく解説していきます。

フレームタイプのスーツケース

スーツケースには様々な種類がありますが、大きく分けてフレームタイプとファスナータイプに分けることができます。

ファスナータイプとは、スーツケース本体の開け閉めをファスナーによって行うタイプで、他方、フレームタイプとは、頑丈なフレームによって開け閉めを行う部分が守られたものを言います。

ファスナータイプと異なり、ファスナーの開け閉めがないので、非常に楽に開け閉めすることができます。

ただし、一般的にはその頑丈な構造ゆえ、ファスナータイプより若干重量が重くなるということも考えておかなくてはなりません。

旅行先や利用用途などにより、使い分けをすることをおすすめします。

フレームタイプの利点とは

フレームタイプのメリットは、その頑丈な金属のフレームがあることによって、横からの衝撃に強くなっているという点です。

周りのスーツケースなどに押しつぶされる心配はありません。フレーム部分が変形し難いため、がっちりと安心感のあるつくりとなっています。型くずれしやすい荷物も安心して運ぶことが出来ます。

例えば、衣類の中でもスーツ類が多い場合やドレスや衣装などをメインで入れる場合、また、取り扱いに注意したいものを運ぶ時などです。もちろん、割れ物などは梱包の際に十分に気をつける必要があります。

鍵パーツが金属部分に取り付けられる構造の為、保安性に優れています。フタ側とソコ側は蝶番で固定されていて、その反対側に鍵パーツが取り付けられています。鍵は上下のフレームを確りと固定する構造で施錠する仕組みとなっています。中のものを外部の衝撃や盗難から守ってくれることが最大の特徴です。

このように、フレームタイプはとても頑丈であるということが利点です。

スーツケースをレンタルする際には、どんな種類があるのかしっかりとチェックして、自分の目的にあったものを選ぶ必要があります。それぞれのメリットとデメリットを比較して、快適な旅のお供にしてくださいね。

送料無料のアイエルレンタルはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする