クレジットカード使えなくなった!海外で困らないために準備しよう

海外旅行の必需品!絶対持って行きましょう!

Fotolia_81153319_XS

海外旅行では、現金を使うよりクレジットカードの方が安全ですし、支払いもスマートです。ホテルでのチェックインでも、クレジットカードならデポジットも取られることなくスムーズです。

すなわち、今やクレジットカードは、海外旅行の必需品なのです。

しかし、そのクレジットカードが突然使えなくなってしまったら・・・というトラブルに、見舞われることもあります。

渡航先でカードが使えなくなると、買い物や食事など手持ちの現金が少ないと、非常に困ってしまいます。

身動きがとれなくなるまえに、どうしてクレジットカードが突然使えなくなるのか?イザと言うときにそれを回避できる方法はあるのかをご紹介していきます。

突然、海外で使えなくなってしまう原因は?

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_s

  1. 利用限度額をオーバーしたために使用不可
  2. 不正利用防止の機能が働く
  3. カードの裏面の磁気部分やICチップに不具合が起きる
  4. 利用額の支払い遅延による利用停止
  5. 店舗側の原因:照会機器の通信エラー

1.利用限度額をオーバーしたために使用不可

ほとんどのクレジットカードには、利用限度額という金額の設定があります。そのため、この金額を超えてしまうと利用を拒否されてしまいます。
海外旅行で、利用拒否になる一番の原因にはこの利用限度額の超過が多いようです。

2.不正利用防止の機能が働く

クレジットカード会社には、カードの不正利用を防止するための解析プログラムというシステムがあります。
これは、日常使用していないクレジットカードを海外に持参し、初めて使用するとか高額な支払いを繰り返し行うなどをした場合、その情報をクレジット会社が自動的に解析し「もしかしたら、誰かにカードが悪用されている」と判断して防犯機能を働かせカードを利用できなくさせるものです。

3.カードの裏面の磁気部分やICチップに不具合が起きる

クレジットカード裏面の黒い帯部分の磁気ストライプに利用者情報が記録されていますが、この部分にダメージがあると、カードが利用できなくなることがあります。

ダメージの原因は、磁力のあるものの近くや携帯電話や電子機器の近くにカードを置いていたとか、複数のカードを重ねてしまっているとか、また磁気ストライプ部分が摩耗しているなどで起きることがあります。

同じようにICチップに異常がある場合も、クレジットカードが利用できなくなることが起きます。

4.利用額の支払い遅延による利用停止

クレジットカードの利用代金口座の振替日に支払いが完了できない時に、支払い遅延のためカード会社は、クレジットカード利用停止をしてしまう場合があります。

5.店舗側の原因:照会機器の通信エラー

利用店舗のクレジットカード端末機械や通信回線の不具合で、カード会社への照会できないため利用が出来ない場合があります。

クレジットカードが使えなくて困らないための事前準備

Fotolia_81642530_XS

  1. カード裏面のサイン
  2. カードの暗証番号の確認
  3. カード有効期限
  4. カードの利用限度額
  5. クレジットカードを複数枚(3枚程度)

事前の準備は、まずはクレジットカードそのものの状況を確認しておきましょう。
カード裏面のサインはしてあるかどうか?カードの暗証番号の確認、そしてカード有効期限の確認もしておきましょう。そして、最後に肝心なことは、カードの利用限度額の確認です。
次に、旅行に出る時点での準備しておきたいこととしておすすめしたいのが、クレジットカードを複数枚(3枚程度)を持参することです。

複数枚のカードを携帯することで、仮に1枚が使えなくても他のクレジットカードで支払うことが出来ますので、支払いについては問題ありません。
その他に複数枚持つメリットは、海外旅行保険が無料で付いているクレジットカードが今主流となっています。

クレジットカードの発行会社が違えば、それぞれ付帯している海外旅行保険の補償が合算して利用出来るということです。複数のカードを持参し、保険加入のカードを携帯することで可能となりますので、経費の節約にもなります。

次に、旅行前に持参するクレジットカードの会社に、海外旅行に行くことを伝えておくと、不正利用防止の機能にひっかからないようにすることも可能となります。

それでも、もし渡航先ブロックがかかった場合は、カード会社に連絡をして解除してもらいましょう。

そして、出発前には必ずクレジットカード振り替え口座に、振り替え金額を入金できているかを確認しておきましょう。

海外旅行でクレジットカードの利用金額を多く使う予定があれば、出かける前にカード会社にその旨を連絡して、現状の利用限度額を一時的に上げてもらえるかを確認しておきましょう。

カード会社によっては、それまでの利用状況によって、一時的に限度額を上げてくれる場合があります。

実際、限度額いっぱい利用しなくとも、利用限度額に余裕をもたせることで、突然の使用拒否されることを回避することができます。

楽しいはずの海外旅行が、渡航先でクレジットカードが利用できないことで、台無しにならないように、これらのことを事前に準備しておくことをおすすめします。

海外旅行でクレジットカード支払いの注意点

Fotolia_80991341_XS

旅行前に事前に準備しておくことで、クレジットカードが突然利用できないという事態はほとんど解消されるはずです。
ただし、旅行先でカードを利用するときに、暗証番号を入力ミスしてしまい利用不可になるような基本的な操作ミスには十分注意してください。

たとえば、現金の補充のためATMでお金を引き出す場合、カード利用時の暗証番号入力を間違えてしまうと数回でブロックがかかってしまい、そのカードは利用不可となってしまいます。

そして、カードが利用できなくなった場合は、店舗の通信機器の不具合以外は、カード会社にその原因を聞くしかありません。

その場合のために、カード会社の海外専用のサポートセンター連絡先を出発前に、メモしてすることをおすすめします。

また、海外でカードが突然利用できなくなったときに、カードのスキミングによる不正利用をカード会社が防止機能を働かせた場合もありますので、カード利用できなくなったときなどは、早急にカード会社と利用状況などを伝えておくと良いでしょう。

スキミングされたデータで、自分の知らない買い物をされている場合もあり、その旨を伝える意味でもカード会社への連絡は必要です。

【旅行先で海外でクレジットカード使えなくなった!対処法と停止理由】まとめ

突然、クレジットカードが利用できなくなり、それが磁気やICチップの不良などの場合、旅行中に再発行を行うのは簡単にはできませんので、必ず複数のクレジットカードを持って、海外旅行には出かけましょう。

また、ヨーロッパ諸国の店舗では、ICチップのカードの手続きが主流であるため、ICチップを搭載したクレジットカードを必ず持って行かれることをおすすめします。

海外でクレジットカード使えなくならないように旅行準備しましょう!

準備期間の4日間を無料でレンタルはこちらから

おすすめの比較情報

スーツケースのレンタルを選ぶ時に役立つ比較情報

tsa ロック マーク 鍵 

スーツケースの鍵 TSAロックとは? アメリカやハワイ旅行に必ず必要?