【ロンドン ノッティングヒル】男女の運命的な出会い

多くの観光客が訪れる蚤の市が有名!

一度は訪れたい【ノッティングヒルの恋人】の印象的なシーン。

タイトルにもなっている街並み、ノッティング・ヒルでしょう。
主人公が住んでいる馴染みの街となっていて、彼の家である青いドアが物語を始めるサインとなっていきます。

映画レビュー 【ノッティングヒルの恋人】

冴えない中年の書店経営するウィリアムですが、店の売上は芳しくなく赤字続き
の毎日。
頭を抱えて経営に悩むウィリアムの書店に一人の女性がやって来る。
その女性こそ世界中で知られる大女優のアナがプライベートで来た。
運命の出会いとはこの事を言うのだろうと思わせ、理屈や常識では括れない二人の出会いは奇跡である。

ウィリアムを演じたヒュー・グラントはロマンティック・コメディの名手で、こんなイケメンでダンディな中年男に惚れない女性はいないだろうと思う。

一方のアナを演じているジュリア・ロバーツは知名度と実力は申し分ない。役の設定に負けるどころか勝っているかもしれないほどの魅力があります。

一般人であるウィリアムの精神力はごく普通の男性で、大女優であるアナは多くの経験により精神力は強靱な女性。
出会うはずもない二人が出会うが、生活や環境の違いですれ違う。
当然であるけど、その過程は見ていて楽しくもあり苦しくもある。そんな障害を乗り越えた時、二人の運命は強く結ばれるのです。

特に本作ではジュリア・ロバーツの笑顔がとても印象的でした。

場所の概要【Notting Hill:ノッティング・ヒル】

『ノッティング・ヒル』はイギリス、ロンドン西部の地域。
行政上ではケンジントン・アンド・チェルシーに属します。
映画ではごく普通の人々が暮らす平凡で賑やかな街として描かれているが、
実際は高級住宅街で洗練されたブティックやレストランが多く存在します。
毎週末ポートベロー・ロードでアンティークの蚤の市が開かれ、多くの観光客が訪れる。
映画でも主人公が自宅から職場へ向かう際に四季の移り変わりとともに見る事ができる。
他には1985年の毎年8月には『ノッティング・ヒル・カーニバル』が開催され、
カリブ色の強いカーニバルとして、数多くの有名人が訪れる事でも知られています。

ノッティングヒルの恋人(字幕版)¥324から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です