【タイ ピピ島】若者は伝説のビーチを求める

タイは多くの観光客が訪れます。

微笑みの国タイ【ザ・ビーチ】の印象的なシーン。

主人公リチャードが求めた“伝説のビーチ”でしょう。
実在するか分からないビーチを探す道は過酷で、何度もリチャードは諦めようとします。
それでも、諦めずに見つけた時のリチャードたちが見た“伝説のビーチ”は素晴らしく美しかったです。
白い砂浜に澄みきった海は一度見てみたい美しい場所でしょう。

映画レビュー 【ザ・ビーチ】

人生に何かを探し求める主人公のリチャード。
演じるのはレオナルド・ディカプリオです。
当時のレオナルド・ディカプリオは『タイタニック』が大ヒットし、次の作品に100本以上のオファーがありました。
その中で本作を選んだレオナルド・ディカプリオは、新たな境地を見出す事になります。
『タイタニック』で見せた好青年とは一変して、本作でのリチャードという人物はまるで真逆のキャラクターでした。
険しい道のりを超えた先にリチャード、彼が誘ったホテルの隣人であるフランス人カップルが見た“伝説のビーチ”は確かに美しかったです。
何より本作が示す“楽園”とはそこで暮らす旅行者たちが作ったコミュニティ。
文明社会から隔絶された美しい島での生活にコミュニティのメンバーにとって“楽園”であったのでしょう。
そこからリチャードが一石を投じる事になり、そこで彼らは本当に“楽園”を「楽園」として受け止めているのか試される。
本作では演技派になった初期のレオナルド・ディカプリオが見られる貴重な作品だと言えます。

場所の概要 【Koh Phi Phi:ピーピー諸島】


ピピ島はタイ王国の南部に位置するクラビー県にあります。
ピピ島には二つの島があり、本作の舞台となったのはピピ・レイ島です。
ピピ・レイ島はピピ島で二番目に大きい島で、国立公園であるために無人島となっています。
主人公たちが求める伝説のビーチは「マヤベイ」と呼ばれ、無人島でありながら多くの観光客で賑わっています。
更に同島の北側には、その昔海賊たちが住んでいたと言われる洞窟「バイキングケーブ」があり、ボートで観光ができます。洞窟内にはツバメの巣があります。
映画の撮影時には100本のヤシの木が島に植えられていましたが、撮影が終了した今では撤去され、自然のままのピピ・レイ島を見る事ができます。

ザ・ビーチ(字幕版)¥216から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です