【オレゴン州 ブラウンズビル】夏の思い出 少年4人の小さな冒険

映画によって有名になった観光スポット。

小さな田舎町を舞台にした【スタンド・バイ・ミー】の印象的なシーン。

主人公の4人が集うキャッスルロックの町でしょう。
アメリカの典型的な田舎町であるが、それ故にノスタルジックな雰囲気があります。
もう一つは4人が旅へ出発する象徴的な鉄橋です。
ここから4人は忘れられない夏の思い出を作っていきます。
彼らと同じように旅をするのは如何でしょう?

映画レビュー 【スタンド・バイ・ミー】

それぞれ4人の少年は家庭事情によって心に傷を負っている。
本作の語り手で兄を亡くしたばかりのコーディ、不遇な家庭環境に生まれて社会から信用されないクリス、戦争の英雄だが精神を病む父親に虐待を受けるテディ、臆病でのろまのうっかり者バーン。

だからこそ4人はウマが合って、いつも遊んでいるが、本作を思い出として振り返るコーディだけは違っています。
クリス、テディ、バーンはそれぞれ職業訓練校へ進学するに対して、賢いコーディだけは進学コースという違いがあります。

それでも4人は似た境遇から一緒にいて、本作での旅は彼らにとって現実から飛び出して楽しむ旅はとても印象的である。

特に昔を振り返っているコーディにとっては大きな意味を持っていました。
兄を亡くしたばかりで家には居場所のない内気な彼が成長する物語でもあります。

その後はそれぞれが違う道を歩んでいくが、コーディの中でひと夏の思い出は大人になってもずっと輝き続けています。

ベン・E・キングの主題歌『スタンド・バイ・ミー』が流れる中でのエンドロールでは、自分の子供の頃を思い出す、そんなノスタルジックな作品です。

場所の概要【Brownsville:ブラウンズビル(オレゴン州)】


舞台がオレゴン州にある架空の田舎町「キャッスルロック」であり、ロケ地となったのは同州のリン郡に位置する人口が約1800人のブラウンズビルで撮影されました。
ポートランドから約160キロメートル南に位置し、車で5分ほど走れば町中を1周できるほど小さな町です。
ブラウンズビルは『スタンド・バイ・ミー』に使用された主人公たちの町を今でも見る事ができます。
もう一カ所、旅の始まりとなる鉄橋はブラウンズビルから130キロメートル下ったコテージローブにあります。現在、線路は撤去されているが、遊歩道として散歩コースになっています。
撮影された場所は離れている為、車は必須となりますが、各地を巡る旅は映画を振り返る楽しみの一つになると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です