【ビクトリア州 メルボルン】オセアニアを舞台に華麗なるカンフー

緑の街メルボルンは住みやすいところ!

香港アクションがオーストラリア上陸【ナイスガイ】の印象的なシーン。

主人公のジャッキーがショッピングモールで料理の実演をしていた時、麻薬シンジケートから追われ、メインストリートへ繰り出すシーン。

まさにジャッキー映画の真髄をじっくりと見せてくれています。
狭い馬車でのアクションとスタントをするジャッキーの体を張った演技が楽しめます。

映画レビュー【ナイスガイ】

主人公のジャッキー(演:ジャッキー・チェン)はオーストラリアの料理番組でホストとして人気のあるシェフです。

ある日、仕事の帰りに親切で追われていた女性ダイアナ(ガブリエル・フィッツパトリック)を助けた事でジャッキーはとんでもない状況に巻き込まれてしまうのです。
親切心からダイアナを助けた事から「ナイスガイ」と言われ、一度二人は別れます。

しかし、ダイアナは密かに麻薬シンジケートのボス・ジャンカルロ(リチャード・ノートン)とギャング団の取引現場をビデオテープに撮影していて、それを守る為に逃げていたのです。そのダイアナは間違えてジャッキーの番組が録画したビデオテープと取り間違えていたのだ。

その結果、ジャッキーはビデオテープをめぐる麻薬シンジケートとギャング団に追われる事になり、恋人のミキ(ミキ・リー)、アシスタントのラケイシャ(カレン・マクリーモント)も麻薬シンジケートに捕まってしまうのです。

ジャッキー・チェンのアクションが冴え渡っていて、その場にある道具を使って敵を倒していく演出がとにかく面白い。華麗なるカンフーもさる事ながら、コミカルな演出も飽きる事ありません。

悪役のリチャード・ノートンはジャッキー映画の常連であり、本作でも愉快な悪党として面白さを引き立てています。

ジャッキー・チェンにとって初の全編英語となった本作は見所が非常に多いです。

場所の概要【Melbourne:メルボルン】

舞台となったメルボルンはオーストラリアでシドニーに次いで二番目の人口を誇ります。オセアニア有数の世界都市です。
メルボルンはガーデンシティと呼ばれる緑豊かな公園が点在して、クラシックな落ち着いた雰囲気のある街です。更に「食都」という呼び名もあって、美食とコーヒーを緑の中で楽しめます。
イギリスの経済誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニットの「世界で最も住みやすい都市」のランキングで2011年から4年連続で1位を獲得しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です