【ニューヨーク州 プラザホテル】クリスマスはニューヨーク中で大騒ぎ

ニューヨークは子供だって楽しめる場所!

大都会のイメージそのまま【ホーム・アローン2】の印象的なシーン。

やはり、本作で最もインパクトのある主人公ケビンが泊まる高級ホテル「プラザホテル」を初めて訪れるシーンだろう。
子供が一人で高級ホテルに行く事すら難しいのに、予約と支払いまでこなしたケビンは本当に賢いと分かります。
その間のやり取りすら面白く、大人相手に一歩も引かないケビンの立ち回りに納得する事でしょ。

映画レビュー【ホーム・アローン2】

前年では一人家に置き去りにされた主人公のケビン。
今年のクリスマス旅行はマイアミを予定していた。もちろん、そこにはケビンの姿もあった。

去年は散々な目に遭ったケビンだったが、今年こそはみんなと一緒にクリスマスを過ごそうと思っていたが、些細な事から兄とケンカをして、またしても一人だけ屋根裏部屋で寝る事に。
翌日、去年と同じように家族全員が寝坊してしまい、慌てて空港へ向かっていくが、ちゃんとその中にはケビンの姿もありました。
ただ、ケビンは録音マイクの電池交換をしている間に家族とはぐれてしまい、父親だと思っていた男に付いて行った結果、彼はマイアミじゃなくニューヨークへ行ってしまうのです。

その頃、去年逮捕された二人組の泥棒、ハリー(演:ジョー・ペシ)とマーヴ(ダニエル・スターン)は脱獄してニューヨークへ来ていた。
ケビンは持ち前の機転と知恵を使い高級ホテルに宿泊し、贅沢三昧をして、オモチャ屋を訪れると、そこで経営者のダンカンがクリスマスの売り上げをすべて寄付すると知る。

その帰り道でケビンは二人組の泥棒と鉢合わせをしてしまい、そこでハリーとマーヴに捕まると、二人がダンカンのオモチャ屋から売り上げを盗もうと知り、それを阻止する為に立ち上がるのです。

前作から一転して自分の家ではなく、初めて訪れたニューヨークで宿敵である二人組の泥棒を仕掛けた罠で倒していくのです。
パワーアップしたトラップの数々、それに二人組の泥棒が見せるコミカルなリアクションが前作以上です。
もちろん、ケビンは言うまでもなく機知に富んだ行動の数々は目を見張る事でしょう。
特に暴力映画のワンシーンを使ってホテルの従業員を足止めする場面は抱腹絶倒と言える必見です。

ニューヨークを一人訪れたケビンは物怖じする事なく、逆に大都会を心の底から楽しむが、実は母親が恋しい子供でもあります。
最後にケビンと母親が再会するシーンがとても感動的な場面です。

場所の概要【Plaza Hotel:プラザホテル】

舞台となったニューヨークのプラザホテルはマンハッタン区にあり、セントラルパークの東南の角に位置し、正面玄関は広場を介して5番街に面しています。
1969年にはニューヨーク市歴史建造物保安委員会よりランドマークに指定され、1986年にはあまりか合衆国国定歴史建造物にも指定されています。
現在は高級マンションが主体となっており、ホテル部分は大幅に削減されています。

ホーム・アローン2(字幕版)レンタル¥200から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レビュー・口コミ

  1. あきこ より:

    ニューヨーク。アメリカの大都会。
    陽気に歌って、踊って、楽しんで。
    それが私の持つイメージ。
    ここは、一生に一度は行ってみたいところです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です