【ジャマイカ】カリブ海を舞台にした伝説の始まり

カリブ海に浮かぶレゲエの本場!

世界的なスパイのデビュー作【007/ドクター・ノオ】の印象的なシーン。

主人公であるジェームズ・ボンドがボンドガールとなるハニー・ライダーと出会うオーチョリオスのビーチ。
白い砂浜と青い空と青い海、後ろにはジャングルの緑と美しい場所での出会い。
ジャングルではジャマイカを象徴するファンキーな色合いの植物など、大自然で展開するアクションは見逃せません。

映画レビュー【007/ドクター・ノオ】

イアン・フレミングの小説『007』シリーズの6作目が原作。
日本で公開された1963年では『007は殺しの番号』というタイトルでした。

主人公であるジェームズ・ボンドを演じたのはショーン・コネリー。
根強い人気を誇る初代ジェームズ・ボンドとして、現在でも語り継がれる伝説の俳優。

ショーン・コネリーのジェームズ・ボンドはタフでワイルドなキャラクターであり、後任の俳優たちに大きな影響を与えています。

本作はショーン・コネリー自身にとっても世界的に知名度を上げる作品で、スパイでありながらセクシーで強いジェームズ・ボンドがハマリ役です。

『007』シリーズに欠かせないのはボンドガール。
本作では初代ボンドガールとなるハニー・ライダーを演じるのはウルスラ・アンドレス。

ウルスラ・アンドレスはスイス出身であり、イタリアで低予算映画に出演した後、本作によって世界的に人気を博しました。
筋肉質でグラマラスなスタイルと、独特な美貌を持つウルスラ・アンドレスは中盤に登場しながらもジェームズ・ボンドに負けず劣らずインパクトがありました。

サブタイトルとなるドクター・ノオを演じるのはジョセフ・ワイズマン。
伝説にもなっているシリーズ最初の悪役であり、登場するのは終盤ながらも強烈なインパクトを残しています。

偉大なるシリーズの1作目は他と比べて低予算であるが、世界的に成功を収めて、以降はシリーズ化されたのは言うまでもありません。

特にショーン・コネリーの功績が非常に大きく、世界一有名なスパイであるジェームズ・ボンドの名を広めた最高の俳優だと言えるでしょう。

場所の概要【Jamaica:ジャマイカ】

ジャマイカはレゲエの本場として有名で「レゲエの神」と呼ばれるボブ・マーリーの生誕地でもあります。彼の博物館はジャマイカでは超人気の観光スポットで約1時間のガイド見学があります。
劇中に登場するオーチョリオスはジャマイカの北海岸に位置し、名前の由来はスペイン語で「8つの川」を意味し、実際に8本の川があるワケじゃないが、「ダンズリバーフォールズ」に代表される豊富な水源を持ち、無数の滝が存在しています。

007/ドクター・ノオ(字幕版)レンタル¥1,000から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加