【ノルウェー ロフォーテン諸島】女王と王女が知る本当の愛

幻想的なノルウェーは魅力がたくさん!

美しい歌声に乗せた【アナと雪の女王】の印象的なシーン。

“雪の女王”であるエルザが城を飛び出し、雪山へとやって来て歌い出す。
それまで魔法の力を封じていたエルザが抑えていた本来の自分を解き放つ瞬間。
名曲“レット・イット・ゴー”に乗せたエルザが何も恐れず魔法の力を使い、殺風景だった雪山に氷の城を築き映像と、彼女の悲しくも喜びを伝える歌が印象的です。

映画レビュー【アナと雪の女王】

アカデミー長編アニメ映画賞を受賞した、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『雪の女王』からインスピレーションを得た作品です。

社会現象にもなった『レット・イット・ゴー』が特に有名でしょう。
各国でも作品はヒットし、劇中でも歌われた『レット・イット・ゴー』も多くの国で様々なアーティストがカバーしています。

日本では“雪の女王”であるエルザには松たか子、その妹・アナの吹替には神田沙也加がそれぞれ吹替を担当しています。
両者ともに歌手として活躍しているので劇中の歌は素晴らしく、吹替としても経験があるので演技も素晴らしい出来となっています。
オリジナルに負けない力強い歌声と安定した演技が楽しめます。

物語の主人公はアナとエルザの二人ですが、それぞれは違った立場となります。
幼少の頃のアナとエルザは大の仲良しで、魔法の力で二人は無邪気に遊んでいました。
しかし、二人が遊んでいた時に誤ってエルザがアナを傷つけてしまう。
それ以降、誰も傷つけないように誰とも触れ合わずエルザは部屋に閉じこもるも、当時の記憶を忘れさせられていたアナはずっと姉と遊ぼうと扉越しで待っていた。

成長するエルザは強大な魔法の力をコントロールできず、戴冠式の時に暴走してしまい、そこから雪山へと逃亡してしまう。

エルザの魔法により国が寒さに覆われ、それを止めるべくアナが一人で姉を探していくのです。

どうしても名曲“レット・イット・ゴー”が話題となるが、本作はそれ以上にアナとエルザの姉妹についての絆でしょう。
優しい心を持つゆえに自分の力を恐れるエルザ、無邪気で快活なアナ、この二人が本当の絆を取り戻した時の感動はひとしおでしょう。

場所の概要【Lofoten:ロフォーテン諸島】

ロフォーテン諸島はノルウェー海にあるノルウェー領の諸島で、北極圏の高緯度に位置するも気候は温暖である。
4つの大きな島と無数の小さな無人島から成り立ち、「世界で最も美しい場所の1つ」とも言われ、氷河の浸食により削られた大地が水没して形成された「アルプスの頂を海に浮かべたよう」と形容されるほどの美しさです。
季節ごとに風景は一変し、特に本作でも見られる冬景色は息を呑む美しさで、建ち並ぶカラフルな家々も映える絶景です。

アナと雪の女王(日本語吹替版)購入¥2,000から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です