【タイ ピンカン島】大物俳優が悪役として登場

風光明媚なタイの観光スポット!

黄金銃を求める【007/黄金銃を持つ男】の印象的なシーン。

冒頭やジェームズ・ボンドが悪役のスカラマンガと対峙する時、背景に映る海に杭を打ち込んだような岩の島でしょう。
美しい海と緑の自然、白い砂浜にポツンとある特徴的な岩の島。
その前で対峙する主人公と悪役との対比は言うまでもなく強烈なインパクトを残しています。

映画レビュー【007/黄金銃を持つ男】

3代目ジェームズ・ボンドとなったロジャー・ムーアにとって2作目となります。
『007』シリーズで4作も監督をしてきたガイ・ハミルトンにとって本作が最後に手がけた作品です。

ワイルドで硬派なショーン・コネリーと違い、明確にロジャー・ムーアはコミカルで軟派なジェームズ・ボンド像を新たに作り上げています。

本作では新たなジェームズ・ボンドを確立したロジャー・ムーアは、まさにハマリ役と言えるほど似合っています。
エレガントでセクシーな雰囲気を持ち、スパイとしての能力も高く、何より博学である点も強調されている。

そんなジェームズ・ボンドが追う最強の暗殺者であるスカラマンガに注目します。
これまでの『007』シリーズでは世界を巻き込んだ大がかりな犯罪組織が登場していましたが、本作は個人の暗殺者が登場するだけです。
その為、本作は『007』シリーズの中では異彩を放っています。

特にスカラマンガを演じたクリストファー・リーの存在が大きいでしょう。
当時でもクリストファー・リーはイギリスでは大物俳優であり、何より原作者であるイアン・フレミングの従兄弟という点も面白いです。

絶対的な主人公であるジェームズ・ボンドに負けず劣らずの存在感をスカラマンガは出しています。
これはクリストファー・リーだからこそ実現できた事だろう。

更にスカラマンガの部下であるニック・ナックを演じたエルヴェ・ヴィルシェーズ。
フランス生まれの小人症だが、本作ではその個性を最大限に活かし、ジェームズ・ボンドやスカラマンガに次ぐインパクトのあるキャラクターになっています。

メインのボンドガールとなるメアリー・グッドナイトを演じたブリット・エクランドはスタイルが良く、ビキニで登場した時は目が釘付けになるほどの美しさで、そこにドジな要素が加わって魅力的なキャラクターになっています。

ロジャー・ムーア版ジェームズ・ボンドはコミカルな面が強くなっていくが、本作でのスカラマンガの登場は引き締める意味で上手い配役となり、結果として本作を盛り上げる形となりました。

場所の概要【Khao Phing Kan:ピンカン島】

ピンカン島にあるパンガー湾国立公園はタイ王国のパンガー県はプーケットからすぐ北に位置し、大小約160の島々からなる多島海からなっています。
国立公園に広がるマングローブ林は国内最大であり、タイの全面積において18%に相当するほどの広さである。
海に浮かぶ不思議な形をした石灰岩を筆頭に岩礁や生い茂るマングローブ、小さな入り江や洞窟など、独特な景観を持っています。
劇中でも象徴的な楔を海に打ち込んだような形の石灰岩、これを通称“ジェームズ・ボンド島”と言われ、ここを訪れるツアーは多数存在しており、その中でもシーカヌーの体験ツアーが人気です。

007/黄金銃を持つ男(字幕版)レンタル¥1,000から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加