【イスラエル エルサレム】聖地で繰り広げられるアドベンチャー

三つの宗教が集う聖地は観光地!

美術品泥棒が活躍する【ファイナル・レジェンド/呪われたソロモン】の印象的なシーン。

行方不明となった父親を探す為に主人公のルーディはエルサレムにやって来ます。
ルーディが到着して一望する歴史ある街並みは実に美しい景色です。
エルサレムの中でルーディが逃げ回って街の様子が分かるシーンが印象的です。

映画レビュー【ファイナル・レジェンド/呪われたソロモン】

主人公(演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム)のルーディは表向き美術商だが、裏の顔では超一流の美術品泥棒である。

そんなルーディの父親オスカー(演:ヴァーノン・ドブチェフ)は十字軍の精神を受け継ぐイスラエルの教団“オーダー”の聖典を発見する。だが、その直後に行方不明となり、それを知ったルーディは父親を探すべくエルサレムへと向かう。

本作でのジャン=クロード・ヴァン・ダムは相変わらずのアクションにキレがあります。
特に彼の鮮やかな蹴り技が冴え渡り、彼の代名詞にもなっている“飛び後ろ回し蹴り”もクライマックスに炸裂しています。

警察から追われる事になるルーディを助けるのは、オーダーの元信者で警察官をやっている他リア(演:ソフィア・ミロス)で、教団について疑っている事から協力します。
本作でのソフィア・ミロスはとてもセクシーで力強く、ルーディを助ける戦うヒロインとして充分な活躍をしています。

本作は格闘アクション、カーアクション、宝探しと縦横無尽に主人公が暴れます。
物語としても決してシリアスにならず、娯楽性を重視した軽いノリで展開されています。

ジャン=クロード・ヴァン・ダムらしいテンポが良く、最後まで楽しめる作品です。

場所の概要【Jerusalem:エルサレム】

エルサレムはイスラエル東部にある都市で、同国は首都と主張しているが、現状では国際連合を含めた多くの国家は認めていません。
地中海から内陸部に入った標高800メートルの小高い丘に位置し、ユダヤ人が住む西エルサレムとアラブ人居住区である東エルサレムから成り立っています。
エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地として知られ、毎年多くの観光客だけではなく、信徒も多く訪れています。
エルサレムの旧市街は四つの地区に別れており、ユダヤ人地区、イスラム教徒地区、アルメニア人地区、キリスト教徒地区となっている。その中でもキリスト教徒とイスラム教徒の地区は賑わっていて、アルメニア人地区とユダヤ人地区は静かな場所となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加