【アラスカ州】大自然に一人の青年が本当の自由を求める旅に出る

アメリカ最大の大自然を持つアラスカ州!

一人の青年が求めた真の自由【イントゥ・ザ・ワイルド】の印象的なシーン。

主人公が家庭環境や都会、それに文明社会に嫌気が差し、アラスカへたどり着く。
それは主人公にとってすべてから解放された瞬間だったと言える場面。
アラスカの大自然を見据える高台から両手を広げ、すべてを受け止めるかのような立って風を受ける姿は本作を現しています。

映画レビュー【イントゥ・ザ・ワイルド】

アカデミー賞では助演男優賞と編集賞にノミネートされています。
ジャーナリスト、作家、登山家であるジョン・クラカワーが書いたノンフィクション小説『荒野へ』が原作となっています。

監督と脚本を務めたのは俳優としても知られるショーン・ペンです。
本作はショーン・ペンが監督としてアカデミー賞にノミネートされていませんでしたが、彼の映像作家としての仕事は高い評価を受けています。

本作の主人公であるクリス・マッキャンドレス(演:エミール・ハーシュ)は実在した人物であり、彼がアラスカへ旅立って発見されるまでの物語を描写しています。

父親であるウォルト(演:ウィリアム・ハート)はコンサルティング会社を経営し、家族はお金に何不自由なく暮らしていたが、その内情は決して良好な関係ではなかった。
ウォルトは母親であるビリー(演:マーシャ・ゲイ・ハーデン)とケンカばかりし、それを見ていたクリスと妹のカリーン(演:ジェナ・マローン)は不満を持っていた。

クリスはついに父親の素性を知り、落胆して自由と解放を求めるようになる。
すべてを捨て去ったクリスが求めたアラスカへの道中では、様々な人と出会い、その中で多くの経験を積んでいきます。

しかし、またしても都会へ戻った彼が見せる空虚な表情も印象的です。
そこでクリスは文明の施しを拒否し、自然のままに生きようとする決意も彼らしい行動だと言えます。

そして、アラスカへ出発する直前、歌を歌う少女のトレイシー(演:クリステン・スチュワート)や身寄りのない老人ロン(演:ハル・ホルブルック)と出会って大きく成長していく。

本作では何かと縛られる現代社会から飛び出し、大自然の中で己の力だけで生きようとした一人の男が駆け抜けた人生。
その中でクリスは何を見て、何を経験し、何をなくし、何を得たか。
本作では大自然から多大な恵を得ると同時に、人間というのは小さな存在だと思い知らされる壮大なスケールを感じさせてくれます。

場所の概要【State of Alaska:アラスカ州】

アラスカ州はアメリカ合衆国最北端にある州で、東はカナダ、西はベーリング海峡を隔ててロシアと隣接しています。
最大の都市は南部に位置するアンカレッジでアラスカ州の人口の約半分が住んでいます。
アラスカ州はアメリカ合衆国最大の州であり、最北端に位置する地域として、ラストフロンティアと呼ばれる大自然が多く残されています。
野生動物ウォッチング、カヌー、ハイキングなど、自然を満喫するレジャーが多い。ただ、長距離を移動するには飛行機を使う必要性があります。

イントゥ・ザ・ワイルド(字幕版)レンタル¥300から

豊富な商品と手ごろな価格が魅力

アイエルレンタルでは最新のデザインのものを取り揃えており、新品、準新品、通常品と、たくさんのサイズやカラーから選ぶ楽しさもあります。