【香港 九龍】二組の男女が雑踏の中で恋愛模様を繰り広げる

香港は世界で最も多く旅行者が訪れる観光都市!

【恋する惑星】の印象的なシーン。

前半と後半でそれぞれの主人公が駆ける九龍の狭い道。
様々な食べ物の屋台や雑貨の屋台が展開し、香港という場所を主張している。
その雑踏の中で男女の物語が繰り広げられる印象的なシーン。

映画レビュー【恋する惑星】

香港伝影金像奨では最優秀作品、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、金馬奨で最優秀主演男優賞を受賞した作品。

当時、まだ無名だったウォン・カーウァイ監督を一躍有名にした作品です。
その後、ウォン・カーウァイ監督は『天使の涙』、『ブエノスアイレス』、『グランド・マスター』などの作品を手がけています。

出演しているトニー・レオンはすでに香港映画界では有名であったが、他の金城武やフェイ・ウォンは本作により一躍有名になりました。

更に本作はクエンティン・タランティーノが絶賛しており、アメリカの配給権を獲得するまで高い評価を与えています。

物語は二部構成のような作品となっている。

前半では刑事223号(演:金城武)が彼女にフラれてしまう。
いつまでも思い出に浸る彼の前に謎の金髪女(演:ブリジット・リン)が現れる。ずっと前の恋人を忘れられず、戻ってくる事を願っていた刑事223号。
やはり、男というのは過去となった恋愛をいつまでも引きずる情けない姿をみせる。
その中で登場するすべてが謎の金髪女は、傷心の刑事223号に前へ進む力を与えてくれる。
両者が時間を共有するのは非常に短く、多くを語らないが、それでも刑事223号の心を晴らすにはちょうど心地良いのです。
ここでは金城武が中国語の他に英語と日本語を披露するが、ネイティブ並みの上手さにただ感心するだけです。

後半では警官663号(演:トニー・レオン)も客室乗務員の彼女にフラれる。
しばらく彼も現実を受け入れず、そこから逃避するようにあらゆるモノに話しかけていた。
そんな警官663号が毎晩通っていた飲食店で新しく働いていたフェイ(演:フェイ・ウォン)が彼に惹かれていく。
ひょんな事から彼の家のカギと住所を知ったフェイは、こっそりと忍び込み、掃除をしていた。それはフェイにとっても楽しい時間であった。
やがて、それがバレてしまうが、これは二人の距離を一気に縮める事になる。
ここではフェイ・ウォンにとって映画出演二作目となるが、とても可愛らしいキャラクター。

本作ではウォン・カーファイ監督が繰り出すキザなセリフが多く、スタイリッシュな映像が織り成す独自の世界観をみせてくれています。
恋愛をいつまでも引きずる男、すぐに次へと踏み出す女。その違いを不思議な世界観でウォン・カーファイ監督が描いています。

場所の概要【Kowloon:九龍】

九龍は香港特別行政区領内に位置する市街地で、1997年7月1日にイギリス領香港の他地域とともに中国へと返還されています。
九龍は香港に含まれ、世界都市としてロンドンやニューヨーク、東京などと並び、世界的に重要な国際金融センターに格付けされています。
香港は世界有数の一人当たりの所得を有するが、先進経済諸国有数の所得格差も存在する。
特徴的なのは高密度な人口により、建造物が横よりも縦に伸びていて、世界で最も垂直な都市の中心へと開発されています。
観光地としても有名であり、外国人旅行者の来訪数が世界で最も多い都市となっています。
その為、観光産業が発展していて、多くのアクティビティが充実しています。
更に香港の観光親善大使にはアクションスターのジャッキー・チェンが務めています。

送料無料のアイエルレンタルはこちら

おすすめの比較情報

スーツケースのレンタルを選ぶ時に役立つ比較情報

軽いアントラーリクイス

やっぱり『軽さ』は裏切らない!快適な旅を約束する、軽~いスーツケース選び方