【メキシコ ゴロンドリナス洞窟】大穴の先に待ち受ける過酷な自然

世界最深の大穴は観光スポット!

地下洞窟を行く探検隊が見た光景【サンクタム】の印象的なシーン。

冒頭から映し出される圧倒的な景色。
緑が一面に広がる熱帯雨林地帯に突然として現れる大きな穴。
白い岩が突き出す縁から漆黒の闇が広がる穴は、なんでも呑み込みそうなぐらいの圧倒的な光景を映し出しています。

映画レビュー【サンクタム】

本作は脚本と製作に名を連ねるアンドリュー・ワイトの実体験を基にした作品。
世界的な映画監督であるジェームズ・キャメロンの仕事仲間であり、撮影には『アバター』のフュージョン3Dカメラシステムを改良したモノが使われています。

パプアニューギニアで発見された巨大な地下洞窟を探検隊が調査していく。
そのリーダーには経験豊富なフランク・マクガイル(演:リチャード・ロクスバーグ)が務めるも、そこには冒険が初めてとなる息子のジョシュ・マクガイル(演:リース・ウェイクフィールド)が同行する。

誰よりも探検の厳しさと現実を知るフランクは息子を特別扱いせず、厳し態度で接するも、それに対して不満を抱いている。

地上では運悪く台風が襲来し、当然のように地下洞窟は水没してしまう。
同時に仲間の一人が調査の途中でトラブルが起き、水中で酸素が吸えなくなってパニックを起こしてしまう。
そこでフランクは苦渋の決断をして、それに対してジョシュは更に不信感を募らせる。
一行が地上へと向かおうとするが、そこには大自然の容赦ない猛威が彼らを追い詰める。

本作ではリチャード・ロクスバーグが終始に渡って眉間にシワを寄せる厳しい表情を浮かべています。
それほどに地下洞窟で一行を襲う大自然の猛威が危険だと示しています。
追い詰められる中で、最後まで冷静に対処していくが、他者から見れば血も涙もない冷たい人間だと思える。
しかし、それはフランクが歩んできた経験によって獲得した合理的な行動であり、感情よりも生き残る為の正しい行動だと言えるでしょう。

場所の概要【Sótano de las Golondrinas:ゴロンドリナス洞窟】


ゴロンドリナス洞窟はメキシコの中央部に位置するサン・ルイス・ポトシの南にある熱帯雨林地帯にあります。
直径55メートル、深さが約400メートルもあって、東京タワーがそのまますっぽりと入ってしまうほど巨大な空間を形成しています。
地球最大級の縦穴洞窟としても知られ、何より世界中から多くのスカイダイバーが集うメッカにもなっています。
別名を「The Cave Swallows」とも呼ばれており、ツバメの地下室と言われる通り、何千羽というツバメが群れを成し、朝には一斉に飛び出ち、夕刻には再び戻ってくる光景が見られる。
アクセスには小さな田舎町アキスモンとなっていて、メキシコの田舎町としても楽しめ、お土産として広場で刺繍を施した民芸品が売られています。

サンクタム(字幕)レンタル¥300から