スーツケースの鍵 TSAロックはとは? ハワイ旅行に必ず必要?

スーツケースの鍵はかけるかどうか?

皆さんはどうしていますか?

海外旅行では、やはりセキュリティ面が気になりますよね。

たとえば、鍵がかかっていないことをいいことに、中身を見られてしまうことや、最悪なのは、中のモノを盗まれてしまうかもと思うと、スーツケースには鍵を掛けたいところです。

最近は、スーツケースと言えば、ほとんどが鍵付きです。それもアメリカが導入した「TSAロック」というキーロックが主流です。

スーツケースの鍵 TSAロックとは?

「TSAロック」は、アメリカ運輸保安局 TSA(Transportation Security Administration)によって認可・容認された鍵のことです。

DSC_1819

アメリカでは、9.11の同時多発テロ以降、アメリカを発着する航空機では荷物の検査が厳重化しています。そのため、アメリカでは、旅行者のスーツケースを無作為にチョイスして、スーツケースの中の検査を行っています。
現在、アメリカ入国では鍵をかけないか、鍵をする場合には「TSAロック」対応の鍵をつけることが義務付けられています。

「TSAロック」でない鍵がかかっている場合は、鍵をこじ開けかスーツケースを破壊して検査を行うことになります。

尚且つ、こうした場合スーツケース自体の破損はもちろんのこと、中身の紛失があっても保証はしてくれません。
もちろん、ハワイもアメリカの州ですから、例外は認められません。メインランド以外のアラスカ、グアム、サイパンもこのルールが適応されます。

スーツケースの鍵の種類はいくつある?

スーツケースの鍵のタイプは、スーツケースの種類によって変わります。「フレームタイプ」「ジッパータイプ」で違う鍵の種類があります。

スーツケースがフレームタイプの場合

シリンダーロック

シリンダー ロック

通常の鍵穴に差し込んで回すタイプの鍵で、使いやすく大半のスーツケースに採用されています。

 マグネットロック

マグネット ロック

鍵のかけ方は、シリンダーロックと同じように回して閉めますが、鍵穴はなく窪みに鍵を合わせて回して使用します。鍵穴が無い分、ピッキングされにくいという特徴があります。

ダイヤルロック

ダイヤルロック

何桁(3~4桁)かの暗証番号を合わせて解錠するタイプのロックです。番号設定は、自分で番号が設定できるようになっています。

カードロック

専用のカードによって、ロックの施錠、解錠ができるものです。

スーツケースがジッパータイプの場合

スーツケースの開閉をジッパーでするタイプで、ジッパー両方の引手にロックをかけるようになっています。

南京錠

Fotolia_29537288_XS

巾着のような形をした錠前で、シリンダーキー、鍵タイプとダイヤルロックの2種類があります。

このように、スーツケースには様々な種類の鍵が付いていますが、セキュリティ面ではさほど変わりはありません。

当然、高いスーツケースには壊れにくいロック、安いスーツケースにはあまり丈夫でないロックが付いている傾向があるようです。

当社で取り扱っている、一流メーカーのスーツケースを選んでおけば安心でしょう。

アメリカ便なら鍵は掛けられない?

「TSAロック」なら鍵をかけてもOKと一時期は、言われていましたが、現在アメリカへ渡航するとき米国系の航空会社では「TSAロックでも、鍵はかけないで欲しい」と、インフォメーションしている会社が多いです。
理由としては、最悪の場合TSAの空港スタッフが合鍵を必ず携行していないことを考えて、最悪のことを考えで案内をしているようです。

鍵 こじ開け被害

つまり、「TSAロック」の合鍵がない場合、鍵を壊してスーツケースを開けてしまう可能性もあるということからなのです。
また、日系の航空会社でも米国の各空港を出発または、乗り継ぎされる場合には預ける手荷物に施錠をしないことを求めています。
このルールは、アメリカに限ったことで、その他の国では鍵の取り扱いが違いますし、ヨーロッパやアジアなどに行く場合は、施錠しても中を勝手に開けてしまうと言うことはありません。

鍵をかけないことで起きる災難と回避方法

アメリカへ行くときに、鍵をかけずにスーツケースを預ける方が無難ではありますが、一点だけ注意しておきたいことがあります。
まれに、ハードケースの場合に、ロックをしないで空港内のターンテーブルに乗せたとき、衝撃で、パカッと開いてしまうことがあります。
もちろん、スーツケースに鍵をかけないからといって、必ず開いてしまうわけでもありませんが、心配な時は、スーツケースベルトなどを利用し、多少の衝撃ではスーツケースが開かないようにしておく方が安心でしょう。

Fotolia_82784976_XS

最近はスーツケースベルトでも「TSAロック付ベルト」があります。スーツケース本体に鍵をかけずに、「TSAロック」のスーツケースベルトを活用すると言うことも、ある意味ありかもしれません。
なぜなら、仮に合い鍵を持たないスタッフがいた場合、スーツケースに鍵をかけていなければ、ベルトを破損するだけで済みますので、スーツケース本体に被害が及ばないと言うメリットがあります。

アメリカ渡航時のスーツケースの鍵について

アメリカ旅行中、空港でスーツケースを預ける場合は「TSAロック」の鍵でも、かけないで預けた方がスーツケース本体の破損を避ける観点からすると、良さそうであるということになります。

スーツケースに鍵をかけないとなりますと、貴重品は中に入れないようにしましょう。それは、預けた荷物の中身の盗難されるリスクを避けるためでもあります。
元々、チェックイン時に空港スタッフにスーツケースを預ける際に、「貴重品は入れないでください」と案内されることもあります。

Fotolia_116781917_XS

つまり、預けるスーツケースの中身の安全性は、誰も保証していないからです。
しかし、「TSAロック」付きのスーツケースは必要ですし、持って行って決して無駄ではありません。

鍵をかけない方がいいのは、空港でスーツケースを預けるときだけの注意点です。

空港からの移動でスーツケースを預けることもあるでしょうし、ホテルに到着時、出発時にスーツケースを預けるときなどは、しっかりと鍵をかけた方が中身の紛失を防ぐことができるからです。

TSAロック付きスーツケースの開け方、閉じ方

アイエルレンタルで取り扱いがあるスーツケースの開け方、閉じ方を動画で紹介しています。

スーツケース鍵の開け方、閉じ方の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です