スーツケースの機内持ち込みサイズとパソコン

スーツケースは指定されたサイズと重量以下のものであれば機内に持ち込むことができます。重量は10キロ以下と決まっていますが、そのサイズが100席以下のときと、100席以上のときは異なっています。もちろん、スーツケースの大きさが指定されたもの以下で、重量も軽ければパソコンを入れて持ち込むことも可能となっています。機内持ち込みサイズは、機能性はもちろんのこと素材や大きさ、形、デザインの種類も豊富でおしゃれアイテムとしても注目されています。ビジネスマンの必須アイテムパソコンを収納する機能を備えた機内持ち込みキャリーは見逃せません。

購入前に利用する飛行機の規模をチェック

スーツケースは旅行をする際のアイテムとして非常に便利です。しかし、旅行に行く場所によっては移動手段として飛行機を利用することもりますが、スーツケースのサイズによっては機内に持ち込みできない場合があるのです。旅行当日に飛行機に搭乗する際に焦らないためにも、事前にスーツケースの持ち込みのルールについてよく確認し、賢い選び方をしておくとよいでしょう。スーツケース売り場に行くと、持ち込み可能、機内持ち込みサイズなどと表記してある商品が沢山ならんでいます。しかし、それらの表記を鵜呑みにしてスーツケースを購入してしまうのは危険です。機内持ち込み可能と表記してあったから購入したのに、いざ旅行当時に機内に持ち込もうとすると断られてしまった、ということになりかねません。なぜなら、スーツケースの機内持ち込みサイズは、利用する飛行機の機体のサイズ、航空会社、国内線か国際線かなどによって変わってくるからです。また、航空会社各社がそれぞれ決めているスーツケースの機内持ち込みサイズは、スーツケースの大きさだけではなく、スーツケース全体の合計重量も判断材料に含まれています。このため、旅行で重たい荷物をスーツケースに入れて持ち運ぶ可能性のある人は特に注意が必要になります。スーツケースの中身の重さも考慮して、軽量タイプのスーツケースを選択しておくといいでしょう。一般的な飛行機へのスーツケースの機内持ち込みサイズは、飛行機の座席数が100席以上の場合は、115cm以内/縦55cm×横40cm×深さ25cmで合計重量が10㎏となっています。飛行機の座席数が100席未満の場合は、100cm以内/縦45cm×横35cm×深さ20cmで合計重量が10㎏となっています。スーツケースを店頭で購入する際には、一般的なスーツケースの機内持ち込みサイズの目安を知っておくと選びやすくなるでしょう。これから旅行にあわせてスーツケースを購入する予定の人は、まずは自分が利用する飛行機の座席数や航空会社についてチェックすることから始めましょう。自分のシチューエーションにあわせてスーツケース選びをすると、失敗が少なくなります。

スーツケースの機能やデザインにもこだわる

スーツケースを店頭で探していると、その機能やデザインの豊富さに驚くことがあります。スーツケースと一言でまとめても、その種類は様々です。自分に合ったスーツケースを探したいならば、機内への持ち込みサイズの他に、スーツケースに関する基本的な知識を頭に入れておくとよいでしょう。スーツケースの素材には、ソフトケース、ハードケース、アルミ等の金属ケースの大きく分けて三種類あります。まずソフトケースと呼ばれるタイプですが、これは布製で軽量、デザインが豊富なのが特徴です。ハードケースや金属ケースち比較すると強度が弱くなる傾向がありますが、軽くてたくさんのデザインや色がありますから、日数の少ない旅行やおしゃれを楽しみたい人にはおすすめです。次にハードケースと呼ばれるタイプです。これは強化プラスチックを素材としたスーツケースで、外からの衝撃に強いことが特徴です。スーツケースをもち運んでいると、ついうっかりぶつけてしまったり、倒してしまったりすることがあります。しかし、ハードケースであれば衝撃に強いため、中の荷物が壊れてしまう危険を減らすことができます。ソフトケースに比べると重量が重くなる傾向にありますが、安全性を求める人にはおすすめのスーツケースです。最後に金属ケースと呼ばれるタイプのスーツケースです。これは、ボディの部分がアルミニウムやジュラルミンといった素材で作られており、軽量で強度がある点が特徴です。軽くて丈夫なため機能的には申し分ありませんが、値段が高くなる傾向があります。多少出費をしても良いから、いいスーツケースを購入したいという人におすすめです。また、スーツケースを機内に持ち込む際には、スーツケースを移動させることになります。移動のしやすさを求めるならば、スーツケースのキャスターにも注目してみましょう。スーツケースのキャスターには大きく分けて、二輪、四輪、八輪タイプのものがあります。機内にスーツケースを持ち込むならば、購入の際にスーツケースの動かしやすさなども確かめてみましょう。二輪タイプはケースの動かせる方向に制限はありますが高さを押さえることができる点、四輪タイプは前後左右にケースを動かすことができる点が魅力です。

スーツケースにパソコンを入れて持ち込む

海外旅行に行くときも、国内旅行に行くときも、パソコンなどの家電を機内に持ち込むことは可能です。デスクトップパソコンを持ち込む場合は少ないと思うため、ここではノートパソコンに限定します。ノートパソコンのサイズは12から13インチから17インチのものがほとんどです。機内持ち込みサイズが小さい100席未満の場合でも縦が45cm、横が35cmとなっており、17インチのパソコンを持ち込んだ場合でもサイズに余裕があります。ただ、軽量型のものでも重さはあるため、パソコンを入れてしまうと、合計重量が10キロを超えてしまったということもあるでしょう。そのため、思ったよりスーツケースの中に荷物を入れられません。そんなときは、他のものを受諾手荷物として預けておきましょう。機内に持ち込んだ場合、スーツケースは指定の場所に収納する必要があります。基本的に座席の上にあるスペースに積むか、座席の下に収納できる大きさであれば座席の下に収納します。パソコン自体は頑丈なため、少々の負荷を与えても画面が割れたりはしません。しかし、万が一壊れてしまったら、旅行にも響きます。そのため、離陸時には多少の衝撃があるためパソコンをそのままスーツケースの中に入れるのではなく、専用のクッション材に収納しておくようにしましょう。また、より確実にパソコンを保護したいというときにはクッション材に入れて更におき、更に専用のバッグに収納しておくとより安全ではないでしょうか。こうした収納バッグ等は家電量販店でも買うことができますし、Amazonなどの通販でも購入することができます。品物をしっかり保護するためにも手持ちの品物にあったサイズのものを使いましょう。バッテリーやコンセントなどの周辺機器はどうしたらいいか迷う場合もあるでしょう。バッテリーもコンセントも相応の重量があります。専用のバッグには収納できる場所も準備されているため、機内持ち込み荷物の合計重量に余裕があれば、そのまま収納して持ち込みましょう。また、飛行機の離着陸時には全ての電子機器の電源を切っておく必要があります。そのため、持ち込んだ場合には電源をしっかりと切っておきましょう。

パソコンをスーツケースとは別に持ち込む場合

機内持ち込みサイズのスーツケースでも、当日の航空会社の都合により機内持ち込みを断られる場合もありますので、パソコンをスーツケースとは別にして機内に持ち込む用意が必要です。多くの航空会社では機内持ち込み手荷物はスーツケースのほかにハンドバッグとしてもう一つ荷物を持ち込めるとされているためです。パソコンやスマートフォン、タブレット、デジカメなどのど家電を含めた精密機器は壊れないように梱包したうえでスーツケースに入れておくこともできますが、壊れやすいものです。そのため、スーツケースに入れず、ハンドバッグに入れて置き、手元に置くと安全がより確保できます。大き目のハンドバッグにクッション材と一緒にいれて機内に持ち込むことができます。ただ、より安全性を確保したい場合には、専用のパソコンの収納バッグをハンドバッグとして持ち込むことができます。だからといって他の手荷物をスーツケースに収納しておく必要はありません。専用のバッグにはポケットが多数ついており、財布などの身の回りの商品を収納することができるためです。ハンドバッグにノートパソコンを入れておき手元に置いておくから、クッション材を使わなくてもよいのではないかと考える人もいるかもしれません。しかし、それは避けることをお勧めします。離着陸時にはハンドバッグを手元に置いておくことができません。座席の下への収納か、できない場合には上のスペースに積むことを勧められます。可能性は低いですが、離着陸時に必要以上の衝撃がかかってしまい、壊れてしまう可能性もゼロではないためです。クッション材自体はAmazonでも安く購入できるので、いろいろなものを探してみましょう。パソコンバッグ自体も周辺機器が収納できるものも含めて様々なものが販売されています。また、パソコンは飛行機の中でも許可された範囲内で使うことができます。そのため、移動時間で作業をしたいというときにもスーツケースとは別に持ち込むのが無難でしょう。一人旅のときは貴重品の盗難が気になるという場合もあるでしょう。そんなときは、鍵付きの専用バッグを使うとより安全が確保されます。鍵はなくさないようにしっかりと保管しておきましょう。また、購入時には機内持ち込みサイズをしっかりと把握しておくことが必要です。

パソコンを機内に持ち込むときの注意点

飛行機に乗り込む場合には、国際線、国内線とともに手荷物の検査があります。そのときには、パソコンは荷物から取り出して、トレーに入れて手荷物検査を受ける必要があります。手荷物検査と言われれば難しく考えてしまいがちですが、普通のパソコンであればバッテリーなどの周辺機器をつけたままで難なく通過します。コンセントなども同じようにトレーに入れて検査をしてもらいましょう。飛行機に乗る場合は、出発時間の前にチェックインをして、手荷物検査を受けます。その時間は余裕をもって設定されているため、国際線、国内線に関わらずパソコンを取りだすのに手こずって、乗り遅れてしまったということはまずありません。ただ、荷物の奥にパソコンを入れてしまうと取りだすのに手間がかかります。また、手荷物検査は行列ができるので、別の乗客にも迷惑がかかります。そのため、スーツケースに入れて機内に持ち込もうとした場合、パソコンを取りだしにくい場所にいれてしまったという事態は避けないといけません。バッグに入れておいたり、取りだしやすい場所に入れておく必要があります。また、パソコンやバッテリーは重量があります。そのため、スーツケースに入れて持ち運びをすると楽です。ただ、パソコンをキャリーでころころと持ち運びをすると、パソコンに振動による負荷がかかるという話もあるため、あまり衝撃がかからない方法で持ち運びましょう。移動の際にはリュックやハンドバッグに入れておく、パソコンの収納バッグに入れて肩にかけたり手に持っておくとより安全です。また、飛行機の中に充電器がついているものもあればついていないものもあります。あらかじめ乗ろうと思っている機種に充電器があるかどうかを確認しておきましょう。また、充電器がない場合でも、バッテリーを充電しておけば問題なく使用できます。そのため、出発前にバッテリーをしっかりと充電しておきましょう。また、国内旅行のときは気にする必要はありませんが、海外旅行の場合には必ずパソコンの充電が必要となります。そのまま海外で使えるものも少なくありませんが、念のため海外で使えるものか、使えない場合には変圧器や専用の変換プラグも準備しておきましょう。

スーツケースのレンタルを賢く利用する

スーツケースの機内持ち込みサイズ、もしくは合計重量には、飛行機のサイズや航空会社座席数、航空会社の種類によっても変わってきます。旅行が趣味であったり、ビジネスで出張することが多かったりする人であれば、国内・海外含めいろいろな場所へ旅行することが多くなるでしょう。そのような旅行の際、搭乗する飛行機によって機内に持ち込めるスーツケースの種類が変わりますが、そのたびにスーツケースを買い替える、というのは非経済的です。かといって、どんな場合でも機内に持ち込みができるように、小型で軽量過ぎるスーツケースを購入してしまうと荷物が入りきらず使いにくいと感じるでしょう。そのような時には、思い切ってレンタルのスーツケースを利用する方法もあります。旅行の予定に合わせて、必要な日数だけ利用することができるため無駄が少なく、大きくかさばるスーツケースを自宅で保管する手間も省くことができます。高級なスーツケースにも興味があって使ってみたいけれど購入するには予算オーバーという人にも、レンタルであれば手が届く予算の範囲でスーツケースを手に入れることができます。スーツケースをレンタルするには、まずスーツケースをレンタルしているショップに申し込むのが一般的です。自分の近所にレンタルしてくれるショップがなくても、インターネットを介して申し込むことも可能です。レンタルするショップやスーツケースを時には、自分が機内に持ち込みできるタイプのスーツケースであるかが一番のポイントになりますが、そのほかにもチェックしておきたいポイントに、料金とオプションがあります。スーツケースのレンタルは安いものですと一日数千円からできるものもあります。しかし、中にはレンタル量が安くても送料で料金が大きく変わってしまうこともありますから、全体でかかる料金で比較するようにしましょう。また、レンタルするショップによってはスーツケースにオプションを付けてくれるサービスをしているところもあります。スーツケースベルトや変換プラグ等があると便利ですから、これらのオプションがあるかどうかもチェックしておくとよいでしょう。

このように、旅行の際、スーツケースは便利なアイテムですが、そのサイズや重さによっては飛行機の機内に持ち込むことができないサイズがあるのです。旅行や目的に合わせてこれからスーツケースの購入を検討している人は、自分が搭乗する飛行機がどのようなスーツケースならば機内持ち込みが許されているのかを確認してから購入するようにしましょう。更にパソコン収納機能を備えたキャリーも有りますので目的による選択肢もプラスできます。パソコンは機内持ち込みサイズを満たせば持ち込むことができますし、各航空会社では預けて壊れても保障の対象外となっているため、機内への持ち込みを推奨しています。あらかじめ、機内に持ち込んだ時には、到着するまで使わないのか、飛行機の中で書類を作成したりといった作業を行いたいのかを考えておき、それに見合った対策をあらかじめ準備しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする