選べるスーツケース

国内外を問わず、飛行機を利用しての旅行の必需品であるのがスーツケース。しかし、使わない時は押入れやクローゼットの中でかなりのスペースを使い、邪魔と感じる方も多いのではないでしょうか。そのような人たちにおすすめしたいのがスーツケースのレンタルです。必要な時にレンタルすればそんな悩みからも解消されます。  

選ぶべきスーツケースの大きさ

海外旅行に欠かせないスーツケースですが、昔は今ほどお手頃な価格で売られていなかったので、日数によって使い分けるという選択肢がありませんでした。しかし、今はレンタルで最適な大きさを選び快適に旅行を楽しむことができるのです。 一般的には一泊あたり10リットルの容量が適していると言われています。旅行上手は荷物が少ない、なんて言われていますが、不慣れな人ほど荷物が多くなりがちなのは確かです。そういった場合は、少しだけ大きめのサイズを選ぶと安心でしょう。  

目的に合わせて選ぶ

渡航先が石畳の多いヨーロッパや、路面状況が良くない地域であれば、キャスターが大きい方がスムーズに移動しやすいでしょう。飛行機の乗り継ぎが多い場合など、強度に優れた物が最優先であればポリカーボネートを使用している物を選ぶのがポイントです。新婚旅行や家族旅行などでは、おそろいのメーカーや色でそろえるのも楽しいですね。最近では、出張などの際に機内持ち込みが可能なサイズのものも人気です。また、ツアーに参加するときなどは、他の人の荷物と差別化するために派手な色のスーツケースを借りるのもおすすめです。  

旅行先によって使い分ける

日本から近い距離にある韓国や台湾、グアムなどに3泊から4泊程度の旅行の予定なら、中サイズの「TSA エミネントキャリーケース ファスナータイプ」がおすすめです。女性や子供でも扱いやすい軽量なジッパータイプのこちらは、内装に荷物が崩れないようにメッシュの仕切りと、反対側には収縮性がある押さえベルトが付いており、中身がゴチャゴチャになる心配もありません。 TSAとは、アメリカ運輸保管局で認可された最新式のロックシステムを指します。一昔前は、ファスナーの根本に簡易南京錠を装着できるタイプが人気でしたが、破壊されて中身を盗まれる危険性があるため、現在南京錠のみを採用している会社は皆無です。特にグアムなどアメリカ圏への渡航の際は、TSAロック機構がついたものが安心です。  

日数に応じた容量で選ぶ

1週間程度の海外旅行なら、おすすめは日本国内で120年以上鞄を製造及び販売している、株式会社サンコー鞄の「スーパーライトA」という商品が人気です。こちらは、本体の軽さに拘って製造されています。大サイズは容量が94リットルまで対応しており、使いやすい機能や安全対策の工夫が施されています。機能は、多段階調整可能のキャリーハンドルと、オイルによるスムーズな動きで摩擦熱による故障率軽減が考えられたキャスターが付いています。こちらもTSAロックを装着していますので、セキュリティ面も安心ですね。世界で人気のブランドや信頼があるメーカーの商品なら、重みでキャスターが破損したり、キャリーハンドルが取れるなどの心配もありません。     このように、その時々で使う側の様々な要望に応えてくれるのもレンタルの良い点です。値段が手ごろなスーツケースを購入した人の中には、途中で鍵やファスナーが壊れてしまったり、車輪が破損してしまったりするトラブルが起きることがあります。丈夫で軽いスーツケースをレンタルで利用することが賢い方法なのです。高品質な物を、手ごろな価格で借りることができるため、高い満足感を得る事ができるでしょう。

豊富な商品と手ごろな価格が魅力

アイエルレンタルでは最新のデザインのものを取り揃えており、新品、準新品、通常品と、たくさんのサイズやカラーから選ぶ楽しさもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です