【フランス モンマルトル】不思議な世界が広がるモンマルトルの丘

パリ有数の観光スポット!

モンマルトルの丘で印象的なシーン。

他人とは本気で向き合えないアメリ。
そんな彼女が空想の中で他の人とは違う世界を見ているが、その中で特に象徴的なのはモンマルトルの丘から見渡す街並みでしょう。
その時にアメリが街の人々に向けて問いかけるシーンは印象的です。

映画レビュー 【アメリ】

アメリの見る世界は不思議でいっぱい。
小さい頃は家庭学習で他の子供と交流がなかった。
成人して一人暮らししながら喫茶店で働く彼女は退屈な毎日を送っていた。
でも、ある宝箱を見つけて持ち主に返した時から彼女の人生が一変する。
それまで他人と深く関わらない彼女は一歩踏み出そうとする。
とにかく、アメリという女性の目から見る世界は実に面白い。
彼女の一挙手一投足は淡々とした日常であっても飽きない。
何よりアメリは自分だけじゃなく、周りの人も巻き込むのです。
それはいい意味でみんなに小さな幸せを与えてくれる。
しかも、それは彼女がやった事をまったく見せず、偶然、奇跡とも捉えられる絶妙な仕掛けがとても秀逸なのです。
日々、八百屋の店主から小バカにされる従業員。それを見かねて店主に小さなイタズラを仕掛けるシーンは面白い。お仕置きを受ける店主にはスカッとするし、救われる従業員の晴れやかな表情もまた良い。
これをコッソリやるアメリのキャラクターは小悪魔的でも魅力はたっぷりあります。
もちろん、アメリ自身にも大きな変化があって、初めて自分から他人を受け入れていきます。
人の為に何かをやってきたからこそ、彼女にも幸せを願いたくなる。
そんな健気なアメリが幸せを掴むまでの本作は素直に楽しめる、ちょっとだけ不思議なテイストもクセになる面白さがあります。

場所の概要【Montmartre:モンマルトル】


主人公アメリが住むのはモンマルトル。
モンマルトルはパリで一番高い丘であり、北部に位置しています。
通称“モンマルトルの丘”と呼ばれ、真っ白なサクレ・クール寺院は代表的な建物です。
作中に登場したアメリが働くカフェのドゥ・ムーランも実在します。
更にテルトル広場、キャバレー「ムーラン・ルージュ」、モンマルトル墓地など、パリ有数の観光スポットとして有名です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です