スーツケースの鍵 TSAとは? アメリカやハワイ旅行に必ず必要?

アメリカやハワイ旅行でも使えるTSAロック付きの鍵付きスーケースについてご説明しています。

海外旅行ではスーツケースの鍵をかけない

海外旅行ではセキュリティ面が気になるので、スーツケースには鍵をかけてから預けたいものです。

海外では盗難被害が多いので、勝手にスーツケースの中身を見られてしまう、中のモノを盗まれてしまうといったケースも少なくありません。

しかし、海外では9.11同時多発テロの事件以降、空港のセキュリティが非常に厳しくなり、スーツケースに鍵をかけないようにと言われています。

というのも、空港のスタッフが怪しいと感じたときは荷物の中身を確認することがあり、鍵がかかっている場合は鍵を壊してしまうからです。

 

しかし、アメリカが開発したTSAロック付きのスーツケースであれば、鍵をかけていても壊される心配がありません!

最近販売されているスーツケースのほとんどは、TSAロック付きのものが多いので、アメリカやハワイなどの海外旅行に行くときは、TSAロック付きのスーツケースを使ってみましょう。

鍵をかけても安心のTSAロックとは?

 

「TSAロック」は、アメリカ運輸保安局 TSA(Transportation Security Administration)によって認可・容認された鍵のことです。

状況によっては中身の目視検査が必要になり、鍵のかかったスーツケースは切断・破壊によって開封することが合法とされています。

そのため、鍵を壊されたときに荷物まで壊れてしまっても、持ち主は一切文句を言うことができず、修理費用・買い替えは全て自己負担になってしまいます。

しかし、TSAロックはそのような被害をなくすために開発され、目視検査が必要になった場合は、係員が鍵を開けられるシステムになっています。

これなら鍵をかけたままでも安心して荷物を預けられるので、海外旅行に行かれる方は、TSAロック付きのスーツケースを使ってみると良いでしょう。

 

TSAロックはレッドダイアモンドが目印

ご自分のスーツケースがTSAロックなのか分からない場合は、スーツケースの鍵穴付近にレッドダイアモンド(赤い菱形マーク)と言われるマークが付いればTSA認証の鍵と確認できます。

tsaロックの認証マークの説明

現在、アメリカ入国ではスーツケースの鍵をかけないか、鍵をする場合には「TSA」対応の鍵をつけることが義務付けられています。

TSAロックでない鍵がかかっている場合は、鍵の切断、またはスーツケースを破壊して目視検査を行うことになるので注意が必要です。

もちろん、ハワイもアメリカの州ですので、例外は認められません。

メインランド以外のアラスカ、グアム、サイパンもこのルールが適応されますので、スーツケースの鍵穴付近を確認し、TSAの目印であるレッドダイアモンドが付いているかを確認しておきましょう!

 

 

 

スーツケースの鍵の種類はいくつある?

スーツケースの鍵のタイプは、スーツケースの種類によって変わります。「フレームタイプ」「ジッパータイプ」で違う鍵の種類があるのでご紹介します。

スーツケースの開閉部分に金属が使用されていて、カチッと枠がはまるタイプのスーツケースとなっています。

フレームタイプの鍵には、「シリンダーロック」「マグネットロック」「ダイヤルロック」「カードロック」の4種類があります。

スーツケースがフレームタイプの場合

シリンダーロック

シリンダー ロック

通常の鍵穴に差し込んで回すタイプの鍵で、使いやすく大半のスーツケースに採用されています。フレームタイプ スーツケースの鍵の使い方を動画で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 マグネットロック

マグネット 電子ロック

鍵のかけ方は、シリンダーロックと同じように回して閉めますが、鍵穴はなく窪みに鍵を合わせて回して使用します。鍵穴が無い分、ピッキングされにくいという特徴がありますが、tsaに対応した機能はありませんので注意して下さい。

 

スーツケースがジッパータイプの場合

ダイヤルロック

ファスナータイプのダイヤル式TSAロック

何桁(3~4桁)かの暗証番号を合わせて解錠するタイプのロックです。

暗証番号は自分で設定できるようになっているので、自分にしかわからない番号を設定してください。

ダイヤルロックはファスナータイプでも採用されている鍵で、解錠するとファスナーのツマミ部分が外れ、スーツケースを開けられる仕組みとなっています。

ファスナー タイプ スーツケースの鍵の使い方を紹介した動画を用意しましたので、始めて使用する方はぜひ参考にしてみてください。

 

カードロック

専用のカードによって、ロックの施錠、解錠ができるものです。TSAロックが設定できる物は少ないので、スーツケースを選ぶときは特に注意して下さい。

 

 

キャリーケースなどジッパータイプの簡易ロックの場合

スーツケースの開閉をジッパーで施錠するタイプとなっていて、ジッパー両方の引手に鍵をかける仕組みのスーツケースとなっています。簡易式でも施錠の効果は十分に有るので忘れずに鍵を掛けましょう。

 

南京錠

ソフトスーツケースに使うタイプのTSAロック

南京錠のような形をした錠前で、シリンダーキー、または鍵タイプとダイヤルロックの2種類があります。

 南京錠タイプの鍵はTSA採用のスーツケースも多く出回っていますので海外旅行に行くならTSAロックの付いたものを選ぶと良いでしょう。

 

シリンダーキー

シリンダータイプの鍵に必要なキー、鍵穴に差し込んで回すタイプの鍵となっています。

簡単に施錠・解錠ができるので、ジッパータイプのスーツケースの場合も使いやすさを求めている方は、シリンダーキータイプを使ってみてください。

しかし、このタイプは施錠・解錠に必要な鍵を持ち歩く必要があるので、紛失しないように注意しましょう。

 

ダイヤルロック

こちらはファスナータイプに多い、暗証番号をあわせることで解錠できるタイプの鍵です。

ご自分で暗証番号を設定できるので、海外旅行での盗難被害を防ぎたい方にはぴったりのスーツケースです。

また、暗証番号は再設定もできるので、セキュリティを重視するのであれば、定期的に変更しておくと良いでしょう。

 

セキュリティの性能は値段によって左右する

スーツケースには様々な種類の鍵が付いていますが、tsa認証マークの付いた鍵であればセキュリティ検査では問題はありません。

そのため、スーツケースや鍵のタイプは、ご自分が使いやすいものを選んでも問題ないでしょう。

しかし、スーツケースに付いている鍵の性能は、値段によって左右されるといわれています。

値段の高いスーツケースであれば、当然ですが壊れにくい鍵が付いています。

しかし、安いスーツケースにはあまり丈夫でない鍵が付いている傾向があるようなので、海外旅行に行く場合はセキュリティ面に少し不安を感じるのではないでしょうか?

スーツケースを選ぶときにセキュリティ面を重視される方であれば、当社で取り扱っている一流メーカーのスーツケースを選んでおけば、安心して海外旅行を楽しめるでしょう。

アメリカ便なら鍵は掛けられない?

「TSA」なら鍵をかけてもOKと一時期は、言われていましたが、現在アメリカへ渡航するとき米国系の航空会社では「TSAロックでも、鍵はかけないで欲しい」と、インフォメーションしている会社が多いです。

理由としては、最悪の場合TSAの空港スタッフが合鍵を必ず携行していないことを考えて、最悪のことを考えで案内をしているようです。

鍵を掛けて預けるとこんなことになる事も

つまり、「TSA」の合鍵がない場合、鍵を壊してスーツケースを開けてしまう可能性もあるということからなのです。

また、日系の航空会社でも米国の各空港を出発または、乗り継ぎされる場合には預ける手荷物に施錠をしないことを求めています。

このルールは、アメリカに限ったことで、その他の国では鍵の取り扱いが違います。

また、ヨーロッパやアジアなどに行く場合は、鍵をかけてもスーツケースの中を勝手に開けてしまうということはありません。

鍵をかけないことで起きる災難と回避方法

アメリカへ行くときに、鍵をかけずにスーツケースを預ける方が無難ではありますが、一点だけ注意しておきたいことがあります。

ハードケースの場合、スーツケースの鍵をかけずに空港内のターンテーブルに乗せたとき、衝撃でパカッと開いてしまうことがあります。

もちろん、スーツケースに鍵をかけないからといって、必ず開いてしまうわけではありません。

ですが、万が一スーツケースが開いてしまった場合、中の荷物が飛び出してしまい、周りの方の迷惑になることも十分考えられます。

海外旅行でスーツケースに鍵をかけないときには、衝撃で中身が飛び出してしまわないように注意しておきましょう。

tsaベルトつきのスーツケースベルトも良い

このような災難を回避するには、スーツケースベルトがおすすめです。

最近では、スーツケースベルトにも「TSAロック」を採用したものがあります。

スーツケース本体に鍵をかけずに、TSAロック採用のスーツケースベルトを活用するということも、ある意味ありかもしれません。

なぜなら、仮に合い鍵を持たないスタッフがいた場合、スーツケースに鍵をかけていなければ、ベルトを破損するだけで済みますので、スーツケース本体に被害が及ばないと言うメリットがあります。

 

また、新しいスーツケースを購入するよりも、スーツケースベルトの方が安く手に入るので、金銭的な被害も最小限に抑えられるでしょう。

 

スーツケースの鍵が壊れたときの解決法方

海外旅行中にスーツケースの鍵が壊れてしまった場合、荷物を取り出すことができず困ってしまいます。

また、鍵の壊れたスーツケースがレンタル商品だった場合は、自力でこじ開けてしまうと壊れてしまうので、修理費用が発生するかもしれません。

そんなときは、スーツケースをレンタルした会社に問い合わせてみてください。

相談することで解決方法が見つかるかもしれないので、スーツケースを壊さずに済むかもしれません。

ですが、レンタル会社に相談しても鍵を開けられないこともあるでしょう。

最悪の場合は鍵を壊すという解決方法になりますが、レンタルスーツケースの場合は、スーツケースのプロが最終手段を教えてくれます。

当社のスーツケースレンタルはtsaを全ての商品につけていますので安心してご利用頂けます。

貴重品はスーツケースの中に入れない

アメリカやハワイへの海外旅行へは、スーツケースがTSA対応のスーツケースでも、空港に預けるときには鍵をかけない方が良いとご紹介させて頂きました。

空港でスーツケースを預ける場合は「TSA」の鍵でも、かけないで預けた方がスーツケース本体の破損を避ける観点からすると、良さそうであるということになります。

スーツケースに鍵をかけないとなりますと、貴重品は中に入れないようにしましょう。

それは、預けた荷物の中身の盗難されるリスクを避けるためでもあります。

元々、チェックイン時に空港スタッフにスーツケースを預ける際に、「貴重品は入れないでください」と案内されることもあります。

全てのスーツケースにtsaロックは付いていないので注意

つまり、預けるスーツケースの中身の安全性は、誰も保証していないからです。
しかし、「TSA」付きのスーツケースは必要ですし、持って行って決して無駄ではありません。

鍵をかけない方がいいのは、空港でスーツケースを預けるときだけの注意点です。

空港からの移動でスーツケースを預けることもあるでしょうし、ホテルに到着時、出発時にスーツケースを預けるときなどは、しっかりと鍵をかけた方が中身の紛失・盗難を防ぐことができるからです。

アメリカやハワイ・グアムの旅行にはTSA対応のスーツケースのご利用をおすすめします。

 

 

TSA スーツケース レンタルはこちら>>>>

スーツケースレンタルで初めて使うタイプの鍵は心配になりますが、そんな時には先ずこちらをご覧下さい。

色々なタイプのスーツケースの鍵の掛け方と開け方ページでは鍵の使い方を動画で判りやすく紹介していますので安心です。

エミネントキャリーファスナータイプtsaロック鍵の使い方 リモワサルサtsaロック002鍵の使い方

GUESSポルカドットキスtsaロック鍵の使い方 アントラーリクイスtsaロック鍵の使い方

バーマスプレステージtsaロック鍵の使い方 フレームタイプスーツケースtsaロック鍵の使い方

リモワ006tsaロック鍵の使い方

 

 

 

 

 

 

コメントを残す