キャリケース・キャリーバッグ・スーツケース 機内持ち込み可能なSサイズ

飛行機に持ち込める荷物は、ハンドバッグなどの身の回り品1つと規定サイズ・重量以内のスーツケース1つです。

全日空など多くの航空会社では10キロ以内の重量で、「幅(W)40cm以内×高さ(H)55cm以内×奥行(D)25cm以内」3辺の合計が115cm以内(100人未満搭乗の場合は100cm以内)のキャリーケース類を機内に持ち込める規定があります。サイズで言えば、34リットル程度。国内線などでは非常に重宝します。

機内持ち込みのキャビンロッカー

Sサイズキャリーケースのメリット

キャリケース(キャリーバッグ・スーツケース)を1つだけ揃えるとすると、ある程度の大きさのサイズを選ぶことが多いようです。

しかし、Sサイズ(34リットル)あれば、短期出張や国内旅行、小旅行で十分、使い勝手がいいと言えます。

国内旅行1泊に必要なサイズは、10リットルが目安です。余裕を持たせても、2泊3日までの旅行には最適なサイズです。しかも、キャビンに持ち込めます。

機内持ち込みのメリット

飛行機に持ち込めるメリットは、荷物が流れてくるターンテーブルで荷物を待ち、探す手間が省けるだけではありません。

キャリーケースが壊れる多くは、航空会社に荷物を預けたときに起きています。航空会社によっては、預かり荷物の扱いが乱雑です。破損されて帰ってくる恐れがあります。

機内に持ち込めば、預けたときに破損するリスクを回避でき、ナイフで切り裂かれ中身が盗まれる心配もなくなります。

そして、とくに女性にも扱いやすいのがSサイズの嬉しいところです。

 

荷物の多い人がSサイズキャリーケースを選ぶポイント

同じ旅行でも荷物が多くなる人は、「ファスナー」と「ハードケース」2つのタイプでは、ファスナータイプが荷物を多く詰められるのでおすすめです。

同じ30リットルでも、ハードケース(フレイムタイプ)はフレームがある分、容量が小さくなってしまいます。また、重さもあるので、ファスナータイプの方が扱いやすいメリットがあります。お土産で荷物が増えるときなども、ファスナータイプは重宝します。

また、近年では3辺115cm以内に適合し、42リットルなどの最大容量キャビン対応サイズが登場しています。外形寸法に対して容量が最大になるよう工夫して作られています。

 

小回りの利くSサイズを一つお持ちで、大きなサイズが必要なときはMサイズ以上をレンタルする。または、大きなサイズのマイキャリケースを無理に使わなくても、不要なときはSサイズをレンタルするのは、とても合理的です。

 

 

海外で必要な変圧器やプラグセットもレンタルすることが出来るのをご存知ですか。?
スーツケースのアイエルレンタルでは海外旅行に便利な大きいサイズのスーツケースはもちろん、プラグセットや海外対応のドライヤーや電気ポットも格安で取り揃えています。
スーツケースと一緒にレンタルすれば、余計な送料もかからないのでお得に利用できます。
海外旅行や出張に、是非ご活用下さい。

>スーツケースの一覧はこちら
>旅行用品の一覧はこちら

 

 

コメントを残す