スーツケースの収納上手なパッキングマスターになろう!

旅行を存分に楽しむために欠かせないもの、それはなんといっても旅支度です。その最たるものといえば、スーツケースに収める持ち物の準備、つまりパッキングだといえるでしょう。

ここでは、初めての旅行は不慣れだという方や、旅支度が苦手だというあなたに、上手なパッキング術をご紹介していきます。コツさえつかめば収納上手になれるので、賢くポイントを押さえていきましょう。

海外旅行のパッキング

上手なパッキングの基本

旅先に持ち出すアイテムの上手な選定が不可欠です。余計なものをスーツケースに詰め込めばスペースに余裕がなくなり、帰る時にはおみやげが全く入らない、という事態に陥るので、本当に必要なものだけを選んでいきます。

スーツケースに入れるものだけを大まかに選定すると、衣類・携帯電話などの充電器・変圧計・非常用の薬・歯ブラシなどの日用品が挙げられます。

実にシンプルですが、これらのアイテムの中で衣類が一番かさばるので、衣類は厳選して最小限にとどめてください。簡単なことではありますが、収納下手な方の多くは無駄に洋服を詰め込む傾向にあります。もちろん、旅行日数と同じ枚数を用意するのはNGです。

現地で本当に活躍するかどうかを見極めて、即戦力のある服だけを選定しましょう。

書き出してみる

持ち出すアイテムを選ぶ際の小さなアドバイスとして、収納リストを作成しておくことをおすすめします。

書き出してみることで必要なもの、不必要なものが目に見えてわかってくるので、こうした作業が苦手な方にも有効です。

何が必要かというポイントさえ明確になれば、アイテムセレクトも苦にはならないでしょう。

パッキングリストを書いて見る

あると便利

重要性が高くなさそうに見えても、持っていると意外に活躍するアイテムもあります。

例えば使い捨てスリッパは、一見ジャマになるだけかな、と思われがちですがホテルによっては用意されていないこともあるので意外に役立ちます。しかも使い捨て仕様にすれば現地で捨てて帰れるので、荷物にもなりません。

そして、エコバッグも現地で大活躍します。海外の場合、買い物袋の用意が無い場所も多いので、1枚は用意しておきましょう。薄い形状のエコバッグ(レジ袋)を選べばよいので、荷物にもなりません。

スズランテープ(ビニール紐又はナイロンテープ)は、旅先で洗濯ものを干す際に利用します。よく、海外のホテルでは、お風呂やバルコニーに洗濯ロープ(物干しワイヤー)が備え付けられていますが、カビていることがあります。その為、私は、かさばらない程度の長さのスズランテープを入れることに決めています。

 

すずらんテープ

 

このように必要なものだけセレクトして、無駄にスーツケースの中身を増やさないに心がけることが第一のポイントです。

 

かさばり厳禁!圧縮袋でスーツケース内をすっきり整理

収納の仕方に工夫を凝らす方法をご紹介します。衣類はなるべく減らそうと心掛けても、旅行日数や旅先の気候によっては、多めに準備する必要があることも否めません。

極寒の地や日中の寒暖差が激しい場所に赴く場合、どうしても衣類がかさばってしまう、という方には「圧縮袋」を使用することをおすすめします。

いまや圧縮袋は様々なタイプのものが売られていて手軽に手に入ります。目的に応じて大きさが選べるのでベストなものをセレクトしましょう。

裏ワザとしては、布団用の圧縮袋に衣類を詰め込み圧縮をかける、という方法もあります。旅行日数が多い、という方は、この方法で衣類のかさばり問題は回避できます。

圧縮袋は頼もしい

また、小さいポーチをたくさん活用するのもおすすめです。小分けにすることですっきりと収納でき、スーツケースの中のスペースに余裕が生み出せます。

コスメ用ポーチ、薬用ポーチ、下着用ポーチと細かく分ければ、旅先でも何がどこにあるかわからない、という問題が解決できて生活しやすくなるでしょう。

こうした、圧縮袋やポーチ類は100円均一の店にも数多く売られているので、コストをかけずに賢く選ぶのも一つの手です。ぜひ収納に役立ててみてください。

そして、パッキングの際、入れ方も重要なポイントです。例えばタオルやボトムス(シワにならにならないもの)などはクルクルと丸めて入れることで、こちらもかさばりにくくなるうえに緩衝剤の役割も果たします。

また、女性の場合は、コスメ類は旅行日数に合わせて小さめのケースやボトルに詰め替えてコンパクト化させましょう。さらに透明のケースに入れておけば外側から何が入っているか見えて一石二鳥の使いやすさとなります。

このように、上手な収納術は、取り出しやすさも兼ねているので相乗効果が生まれます。ホテル内での生活ストレスも軽減されるので、すっきり収納をマスターしましょう。

現地で調達できるものは旅行先で

ここまで、スーツケースに入れるものの選定やスーツケースの中にどう入れればすっきりとかさばらずに収納できるのか、ということをお伝えしてきましたが、もう一つ重要なことがあります。

それは、現地で調達できるものは旅行先に持ち込まない、ということです。こうすることで自然と荷物は減るので、事前に現地で何が調達できるのかを調査し、把握しておくことがポイントです。

最近では旅先で洋服や靴をレンタルする方法も存在しています。旅先でドレスコードのあるレストランやコンサートに赴く際など、こうしたレンタルを活用すれば荷物がかさばらないのはもちろん、服にシワがつく心配もなく、とても便利です。

女性の場合、ハイヒールを旅先に持ち込むのは難しい場合がありますが、旅先でもエレガントなお洒落を存分に楽しみたい、という方も多いはずです。その場合もこちらをレンタルすればOKなのです。

 

ドレスをレンタルしてみる

また、デイリールックの場合も、現地のお店で買うことを視野に入れていけば荷物が軽減されます。

海外であっても、最近ではファストファッションの店があるので、安くお洒落なものが手に入ります。あえて、その国限定のデザインを楽しむ、というのも旅ならではの醍醐味かもしれません。

そして、雨具などの日用品は現地で売られている場合が多いので、スーツケースに入っていなければ不安かもしれませんが、そこは冷静に判断して持ち込むか否かを決めましょう。

いずれも、無い場合は現地で調達してしまえばいい、という信条を持っていれば荷物も心も軽くなるかもれません。

 

パッキングの成功が旅の質を上げる!?

旅行において「パッキング」という作業は楽しいものではないかもしれませんが、コツをつかんでうまく収納ができるようになると、次の旅行ではもっと工夫しようとパッキングの腕がどんどん上がっていきます。

パッキング術とはそれほど旅するものに影響を与える行動です。

実際、旅先に着いてヘトヘトな状態でスーツケースを開いたときに、スーツケースの中の荷物がきちんと整っていたら、「準備しがいがあった!」と工夫してパッキングを行った自分を褒めてあげたくなるものですし、すぐに目的のものが取り出せて快適な気分になります。

これはつまり、旅行は準備段階からすでに始まっているものだ、という言葉のとおり「パッキング」自体が旅の一つであることを表している、といっても過言ではないのです。

完璧なパッキング マスター

あなたが自宅でセレクトするアイテムは、あなたの旅スタイルを物語っています。

スーツケースの中身がスマートにセレクトさえたものであり、すっきりと収納されていれば、やはりスマートで快適な旅が過ごせることでしょう。

反対に大荷物がごちゃごちゃ入っていれば、何となく段取りの悪い旅行がスタートしてしまいます。

このように、スーツケースの中は、まるであなたの部屋のようなもので整理しなければどんどん片付かなくなっていくわけです。

 

上述のとおり、難しいことをしなくても、手頃な道具を使ってみたり、入れ方をちょっと工夫してみたり、現地でのアクションを加えるだけで荷物のかさばりは軽減されます。旅行自体を心ゆくまで楽しむためにも、身も心も軽くなるパッキング術を身に着けましょ

 

 

海外で必要な変圧器やプラグセットもレンタルすることが出来るのをご存知ですか。?
スーツケースのアイエルレンタルでは海外旅行に便利な大きいサイズのスーツケースはもちろん、プラグセットや海外対応のドライヤーや電気ポットも格安で取り揃えています。
スーツケースと一緒にレンタルすれば、余計な送料もかからないのでお得に利用できます。
海外旅行や出張に、是非ご活用下さい。

>スーツケースの一覧はこちら
>旅行用品の一覧はこちら

 

 

コメントを残す