スーツケースレンタルの準備期間

海外旅行は、出発する前の準備も楽しかったりするものです。余裕をもって準備をしたい人も多いのではないでしょうか。スーツケースをレンタルする場合には、旅行の準備のために、前後に余裕を持って申し込むことが必要ですが、その分の費用が心配と言う方もおられることでしょう。

もし準備期間や帰ってきてからの片づけの間を無料で借りることができたら助かりますね。しかし、大抵のレンタル会社では、お届け日から料金が掛かるので出発直前にならないと借りられない場合が多いのです。レンタルする際は準備にかかる日数も含めて考えるようにしましょう。

1.出発前には余裕を持った旅支度を

旅行直前に慌てて荷物の準備をすると、忘れ物をしてしまい旅行先で困ったなどという経験はないでしょうか。また逆に、よく考えずに使わない余分なものまで入れてしまい、移動中に重たくて後悔した、なんてこともありますよね。旅行の準備はある程度の余裕をもってしたいものです。

特に海外旅行が初めての人は、早めの旅支度が必要になってきます。持ち物をリストアップして、できるだけ要らないものは持ち込まないようにしたいものです。しかし、仕事の都合などで旅支度にあまり時間をかけられないというのが実情です。

2.余裕を持って借りたいが、料金はおさえたい

スーツケースをレンタルする場合、あまり早く借りてしまうと、その分レンタル料金がかかります。とはいえ、出発直前に受け取ることにして、何かトラブルがあってスーツケースを準備できなかったり、届いたスーツケースが輸送中のトラブルで、破損したスーツケースのまま旅行をすることになったり、といった悲惨な状況は避けたいものです。また、スーツケースは大きくてかさばるものなので、出来れば出発前に空港に送ってしまいたいと思う人もいるでしょう。その場合は、ますます料金がかさんでしまいます。

3.ゆったり借りられるレンタル会社がおすすめ

実際に旅行をするのは2泊3日なのに、配送された時点から料金を加算されては無駄にお金を支払っていると感じては、せっかくのお得感も薄れてしまいます。

レンタル会社の中には、荷造りの期間をあらかじめ設定し、配送中は無料でスーツケースのレンタルをしてくれる会社もあります。旅行前の準備と配送時間を考慮しますと、最低でも、2日程度の準備期間が必要です。スーツケースのレンタル会社のランキングを見ると、2日以上の期間を準備期間として、実際の旅行期間のみを貸し出し期間と定めている会社の人気がとても高いです。

4.業界初、旅行準備期間レンタル無料

スーツケースレンタルの専門店であるアイエルレンタルでは、旅行前の準備期間3日間と帰宅後1日間の、合計4日間の準備期間中は料金が無料というサービスシステムを導入しています。
実際に旅行に使用した日数分だけレンタル料が発生するという、業界初の画期的でお得なサービスです。出発前に3日間も準備期間があるので余裕をもってパッキングできます。

また首都圏なら往復の送料も無料なので、お得に利用ができます。

予約は旅行出発の5日前までのネット申し込みか、電話なら4日前まで受け付けています。旅行へ出発する3日前にご自宅へお届けし、帰宅の翌日に返却することができます。返却は自分でコンビニへ持ち込むか、宅配業者に預けるだけなので面倒な手間は掛かりません。

また、海外で使用できる変圧器やプラグ、ドライヤーなどの旅行用小物もレンタルしています。スーツケースと同時に申し込むことで同梱発送ができ、余計に送料がかかることはありません。

5.帰宅後翌日も無料はうれしいサービス

アイエルレンタルなら、帰宅した翌日も無料サービス期間となります。帰宅後急いで返却する必要がありません。これも案外嬉しいサービスです。翌日はゆっくり楽しかったことを思い出し、旅行で疲れた体を労わりながら荷解きが出来ます。

特に旅行の日程が長かった場合や家族の荷物をまとめてスーツケースに収納していた場合、荷解きには時間がかかる事でしょう。そんな時でも自分のペースで荷解きが出来るのは、とても嬉しいサービスと言えるでしょう。慌てて荷解きをすると、荷物をどこに片付けたのかわからなくなる事も珍しくありません。

スーツケースのレンタル料金を気にして出発の直前に借りたりすると、大慌てで荷物を詰め、肝心な物を忘れたりしては困ります。

余裕を持って準備をしたいなら、アイエルレンタルがお奨めです。準備期間の4日間はレンタル料が無料となりますので、余分な費用をかけずに安心して旅行の準備をすることができます。こうしたサービスは、アイエルレンタルならではのものです。レンタルは便利だけど、旅行期間より長めに借りなくちゃいけないため余分なレンタル料がもったいないといったデメリットを見事に改善した、利用者に優しいサービスです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする