自分に合ったベストなスーツケースの選び方

旅行に合わせて新しいスーツケースを購入しようと専門店に行くと、店頭にたくさんの種類があることに驚く人もいると思います。スーツケースは作られている素材やメーカー、デザインによって雰囲気も機能も違ってきます。自分にはどんなスーツケースが適しているのか迷ってしまうこともあるでしょう。
そこで、目的にあったベストなスーツケースを選べるように、基本的なスーツケースの選び方のコツを知っておくとよいでしょう。

受託荷物か機内持ち込みかで判断する選び方

たくさんの種類のスーツケースから選ぶ最初のポイントとして、受託手荷物で預けるか機内に持ち込むかを決める必要があります。

 機内持ち込みの場合

スーツケースが機内に持ち込めるかどうかは、搭乗する飛行機の座席数や航空会社、スーツケースと荷物の総重量によって変わってきます。一般的に、飛行機の座席数が100席以上の場合は、大きさが115cm以内、縦55cm×横40cm×深さ25cmで総重量が10kgになります。一方、飛行機の座席数が100席未満の場合は、大きさが100cm以内、縦45cm×横35cm×深さ20cmで総重量が10kgになります。スーツケースの売り場等で、機内への持ち込み対応商品、機内への持ち込み可能な商品、の記載がされている商品です。重量の制限が10Kgと余裕は無いので軽量タイプのスーツケースを選択しておくと安心です。

スーツケースを購入する前には必ず自分が利用する飛行機の座席数や航空会社、国内線か国際線かを予め調べておきます。最近ではインターネットやスマホで検索すると、機体の座席数や持ち込めるスーツケースのサイズの情報を知ることができるようになっていますから、ぜひ利用してみるとよいでしょう。

しかし、これらの商品でも必ず機内に持ち込める訳ではなく、当日搭乗する機体の座席数や総重量等の状況により機内への持ち込みを拒否されてしまう事が有ります。その判断は航空会社にありますので不可の場合は従わなくてはなりません。その場合は受託手荷物として処理されますので壊れやすいものや貴重品は直ぐに取り出せる用意も忘れないで下さい。

 受託手荷物の場合

預ける場合も荷物個数・大きさ・重量は各航空会社で決められています。機内持ち込みと違うのは搭乗するクラスや路線により荷物個数と重量が変わりますので利用する航空会社の該当するクラスの無料範囲を調べておくことが必要です。

エコノミーの場合は、縦×横×高さの合計が新基準158センチ(157センチの場合も)が一般的ですが、一部の航空会社は、縦×横×高さの合計が203センチまで預けられます。更に重量による規制も同様に決められていますので、こちらも調べておく事をお勧めします。但しこれは無料範囲の話で超過料金を払えば重量はオーバーしても預けられます。サイズは各航空会社により違うので直接尋ねるのが良いでしょう。

それでも、重量が超過する場合は必殺『サブバッグ』を携行すると便利です。カウンターでスーツケースを預ける時に、一部の荷物を折り畳みのサブバッグに移して機内に持ち込む方法もあります。

スーツケースの素材や機能で判断する選び方

沢山の種類の中から自分に合ったスーツケースの選び方として、スーツケースの素材や機能で判断する方法があります。スーツケースの素材には大きく分けて、ソフトケース、ハードケース、金属ケースの三種類があり、それぞれメリットデメリットがあります。

布等で作られたソフトケースは価格も手ごろでスーツケース自体が軽く、デザインが豊富な点が魅力です。逆に雨や外からの衝撃には弱いのが特徴です。荷物の量が多くなりそうな人、強度はそこまで重視せずどちらかというとデザインにこだわりたいという人におすすめです。

強化プラスチックなどで作られたハードケースは、ソフトケースに比べて雨や外からの衝撃に強い点が魅力です。ですがハードケースは本体が大きくなりがちなため大型の物は移動の際に力がいること、サイズが小さくても荷物の重量が重いと機内への持ち込みができなくなる可能性があることがデメリットと言えます。スーツケースの中の物が傷ついてしまうことが心配、という人にはおすすめです。

金属ケースは、アルミニウムやジュラルミン等でできたスーツケースです。金属ケースは軽くて丈夫、雨や外からの衝撃にも強いという魅力があります。デメリットとしては他のスーツケースに比べて値段が高くなります。旅行に頻繁に行くので高くても機能的で使いやすいスーツケースがほしいと考えている人にはおすすめです。

また、スーツケースの素材以外に、ついている鍵にも注目してみるとよいでしょう。旅行をするにあたってよく心配なことの一つとして挙げられるのが盗難です。スーツケースに付属する鍵でアメリカで施錠をしたまま荷物を預ける事ができる鍵のことをTSAロックと呼びます。このTSAロックは、専門の運輸保安局の職員でなければ開けることができない作りになっているので、空港や旅行先のホテル等でスーツケースが勝手に開けられ荷物が盗まれるのを防いでくれます。

旅行先ではスーツケースを他人に預けたり、手元から離したりしなければならないこともあります。よって、旅行中は、常に盗難の被害にあうリスクも高くあります、このTSAロックやダイヤルロックが付いたスーツケースにすることで余計なトラブルに巻き込まれにくくなります。心配な人は丈夫な金属フレームタイプのハードケースに鍵が左右に付いたスーツケースを選ぶとよいでしょう。但し、スーツケース毎盗まれることは防げませんのでご注意ください。

 デザインやメーカーで判断する選び方

自分に合ったスーツケースの選び方として、スーツケースのデザインの好みや製造しているメーカーで判断する方法があります。

スーツケースの目的は、旅行中の大きな荷物を安全に快適にもち運ぶことにありますが、一方で自分のセンスや個性を演出するおしゃれアイテムとしての一面も持っています。そのため、機能性の他に、自分らしいデザインのものを選ぶと旅行がより楽しいものになります。

最近ではスマホやパソコンを使ったネットショッピングで、自宅にいながらでもスーツケースを購入することができるようになりました。うまく活用すると多くの商品の中から選ぶ事ができます。

まずスーツケースの色を決めるといいでしょう。男性で明るい色の物を身に着ける機会があまりない、女性であっても派手な配色を私服でするのには自信がないという人でも、スーツケースであれば普段馴染みのない色でも気軽に挑戦することができます。あえて旅行中のコーディネートのアクセントとしてスーツケースを個性的な色にしてみるのも素敵です。

旅行先では自分のスーツケースが一目で判断できるようであると何かと便利です。大量に生産されているメーカーのスーツケースならば、色で差別化をはかるとおしゃれで使いやすくなります。

また自分が好きなファッションブランドが決まっている、という人には好きなブランドが手掛けているスーツケースを探してみるのもおすすめです。最近ではファッションブランドがコラボしてデザインを手がけたタイプのスーツケースも多く販売されています。自分の服に合わせてスーツケースを選べば全体的な着こなしのバランスもよくおしゃれに演出することができます。

同様に、好きなアニメや漫画のキャラクターがプリントされたタイプのスーツケースも人気です。ファンにとっては、大好きなキャラクターと一緒に旅行をしている気分を味わうことができます。

ハードケース、金属ケースのスーツケースであれば、その素材の光沢や質感を生かしたデザインも洗練された雰囲気を持つためおしゃれです。加工する際の表面の強化プラスチックや金属の凹凸の形を様々に変えることによって、スーツケースが光を反射した際の表情の違いを楽しむことができます。

さらに、旅行で何度もスーツケースを利用するという人には、革製のスーツケースもおすすめです。革製であるため、何度も使っているうちに傷や汚れがついて、独特な雰囲気を味わうことができます。

このように、スーツケースは旅のアイテムとして欠かせない存在です。もしも旅行に合わせて新しくスーツケースの購入を考えているならば、持ち込めるサイズのものか、受託荷物にするのか、素材や機能・軽さはどうか、自分の好みのデザインであるかの点をポイントにして選ぶとよいでしょう。

スーツケースを探す際には、店頭で直接確かめても良いですが、スマホやパソコンなどを使って調べてみるのもいいでしょう。よりたくさんの種類のスーツケースに出会うことができます。自分のお気に入りのスーツケースが見つかれば、楽しい旅行がもっと満喫できるものになります。

送料無料のアイエルレンタルはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする