スーツケースの鍵

ハワイやグアムを含めたアメリカへ旅行するときは、スーツケースに鍵をかけないほうが良いと聞いたことはありませんか?これは、アメリカに向かう飛行機で預かった荷物は、中身を確認するため鍵がかかっている場合は鍵を壊されてしまうことがあるからです。

でも鍵を掛けないと盗難などが心配ですよね。こんな時はどうすれば良いのでしょうか?

 

スーツケースのTSAロックって?

スーツケースの鍵で「TSAロック」と言うのは聞いたことがあると思います。現在では販売されているスーツケースの多くが、このTSAロックを採用しています。

では実際にTSAロックとはどんなものなのでしょうか。またTSAロックが付いている事の利点は何なのでしょうか。

スーツケースのTSAロック

 

安全のため荷物をチェックするのは必須事項

スーツケースでTSAロックが増えているのは、アメリカで同時多発テロ以後、目視による荷物検査が厳重になっている為です。

アメリカでは、離発着する全ての飛行機の手荷物と預け入れ荷物はアメリカ運輸保安局TSA(Transportation Security Administration)により目視検査が行われます。これは安全のために欠かせないことで、拒否することはできません。

カギが掛けてあるスーツケースは切断または破壊して検査することが合法とされており、例えなかの荷物が壊されたとしても一切文句は言えない状況です。そんな中で生まれたのがTSAロックです。

 

TSAロックが増えているのは荷物検査が厳重になっている為

TSAロックなら大丈夫?スーツケースの鍵問題

TSAロックとは、スーツケースの持ち主とTSA係官だけが開けられる共通の鍵が用意された画期的なロックシステムです。TSAロックがかかったスーツケースであれば、セキュリティチェックの際に鍵を壊さずに開けることができ、検査後は施錠して戻す事が出来るのです。

とはいうものの、現実はTSA係官の仕事は大雑把で、鍵が開きにくいなど面倒な場合は、TSAロックでも壊されたり、ファスナー部分が切られたりする事例も実際にはあるようです。

現在では、旅行代理店や空港でTSAロックでも施錠をしないように要請される事もあります。その場合は、状況に応じて対応した方が賢明でしょう。

どちらにせよ分かっていることは、TSAロックでないスーツケースを施錠していた場合はチェックの際必ず壊される、という事です。

鍵をかけないで預けると中身が飛び出す可能性もあるので、ベルトをかけて固定するという必用もあります。

 

セキュリティのしっかりしたスーツケースを

どうせ鍵はかけないから、と鍵のない安物のスーツケースを購入した場合、空港内や滞在先のホテルで荷物の窃盗の被害にあってしまうこともあるのです。

やはり安心の為にも、ある程度セキュリティのしっかりしているものが必要になります。TSAロックは、ピッキングの難しい頑丈な鍵ですので、施錠しないままよりも格段に安全で盗難防止にもなります

 

 

アイエルレンタルでは、扱っている全てのスーツケースがTSAロック付きなので安心・安全です。海外旅行用にスーツケースが必要なら、アイエルレンタルの利用をお勧めします。

また、現在販売されているスーツケースのほとんどがこのTSAロックを採用しています。スーツケースを選ぶ際は、カラーやサイズ、使いやすさに合わせてTSAロック付きであるかの確認もしておきたいですね。

ご自分のスーツケースがtsaなのか分からない場合はスーツケースの鍵本体を見ると鍵穴付近にレッドダイアモンド(赤い菱形マーク)と言われるマークが付いればTSA認証の鍵と確認できます。

tsa ロック マーク 鍵 

 

tsaについてもっと詳しくはこちらからも

スーツケースの鍵 TSAロックとは? アメリカやハワイ旅行に必ず必要?

 

 

海外旅行に必要なスーツケースですが旅行先や目的によって必要なスーツケースの大きさが変わります。スーツケースのアイエルレンタルでは旅行に合わせたスーツケースのサイズはもちろん、色やデザインも選べて毎回違うスーツケースをお選び頂けます。

また、海外で必要になる変圧器やプラグセット・ヘアドライヤーもご用意しております。
スーツケースと一緒にレンタルすれば、余計な送料もかからないのでお得に利用頂けます。
海外旅行や出張に、是非ご活用下さい。

>スーツケースの一覧はこちら
>旅行用品の一覧はこちら

 

コメントを残す