【ナミビア ナミブ砂漠】祖国に忠実な兵士が自由に目覚める

世界最古の砂漠は有名な観光地! 冷酷な兵士が感情を持つ【レッド・スコルピオン】の印象的なシーン。 将軍から受けた使命を失敗してしまう主人公。 そこで言い渡された特殊部隊の解任という彼にとって最大の屈辱を受け、更に処刑される事になるもなんとか脱走する。 命を狙っていた男を頼って、ナミブ砂漠を果てしなく歩く主人公の姿が印象的です。

映画レビュー【レッド・スコルピオン】

ドルフ・ラングレンによる初のアクション映画主演作です。 1985年の『007/美しき獲物たち』で映画デビューし、続けて『ロッキー4/炎の友情』で強烈なインパクトを残し、その後『マスターズ/超空の覇者』に初主演する。 本作はドルフ・ラングレンにとって本格的なアクション映画となります。 身長が2メートル近く、元は極真空手の使い手でもあり、アクション映画をやるのは当然と言えるような体格です。 それだけではなく、スウェーデン王立工科大学、シドニー大学、ワシントン州立大学、マサチューセッツ工科大学などで学び、スウェーデン語、英語、ドイツ語、フランス語、日本語を使いこなし、知能指数が160あると言われるインテリでもあります。 そんな本作ではまだソ連と呼ばれていたロシアの忠実な特殊部隊「スペツナズ」の隊員で、反乱軍のリーダーを亡き者にする為に駆り出されます。 当初は任務を実行しようと行動しますが、その中で自由に生きる人々に触発され、ずっと持てなかった主人公自身の感情を表に出すようになります。 ずっと仏頂面だったドルフ・ラングレンがブッシュマンとの交流で心が洗われ、そこで見せた笑顔は本当に素晴らしいモノでした。 アフリカで起きている他国による争いを描いている本作ですが、それ以上に異国の主人公が現地の原住民と交流を深めていくストーリーが良い作品です。

場所の概要【Namib Desert:ナミブ砂漠】

ナミブ砂漠は存在する最古の砂漠として知られています。 現地の言葉で「何もない」という意味を持ち、水平線まで乾いた砂が支配する場所です。 ナミブ砂漠はナミビア共和国の象徴的な場所で世界遺産にも登録されています。ナミブ砂漠と呼ばれ、北はアンゴラとの国境付近から南は南アフリカ共和国の北端まで及びます。 更に最も有名な絶景スポットに砂漠の奥地「ソススフレイ」という場所があり、そこには「デッドフレイ(死の谷)」と呼ばれる500年前までは湖でした。現在はひび割れた干ばつ地帯が広がっています。 ナミビア共和国へは日本から直行便がない為、アジアかヨーロッパの都市で乗り継ぎが必要となります。中継地点のヨハネスブルグからナミビアの首都ウィントフックに向かい、車で約4時間かけて目指します。 多くのツアーが組まれているので、それを利用すれば簡単にたどり着く事ができます。  

豊富な商品と手ごろな価格が魅力

アイエルレンタルでは最新のデザインのものを取り揃えており、新品、準新品、通常品と、たくさんのサイズやカラーから選ぶ楽しさもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です