【日本 大阪】変わりつつある日本を皮肉った黒い雨

独自の文化が発展した食い倒れ大阪!

アメリカの刑事が乗り込む大阪【ブラック・レイン】の印象的なシーン。

ゴチャゴチャした街並みの中で捜査をするニックとチャーリー。
その二人が大阪の街を歩いていると、バイクに乗った男にチャーリーが上着を奪われ、そのまま追いかけるが、それこそ彼らが追っていた佐藤の罠。
そのシーンで見せた佐藤の狂気、日本刀を地面に滑らせながらチャーリーの首をはねる強烈なインパクトがありました。

映画レビュー【ブラック・レイン】

『エイリアン』や『ブレードランナー』で知られるリドリー・スコット監督が、日本を舞台にしたハリウッド映画という事で当時話題になりました。

リドリー・スコット監督は完璧主義者としても知られ、異国の地を舞台にするという事でかなり下調べをして撮影に臨んでいます。
日本を舞台にしたハリウッド映画はおかしな描写が多いけど、本作はリドリー・スコット監督の性格が反映された違和感の少ない日本描写となっています。

主人公のニックを演じたマイケル・ダグラスは『ウォール街』でアカデミー主演男優賞を受賞し、世界的に有名で実力者であり、本作でも彼の巧みな演技が冴え渡っています。

その相棒であるチャーリーを演じたアンディ・ガルシアは『アンタッチャブル』で一躍有名となった勢いのあった俳優として本作でも血気盛んな役をこなしていました。

しかし、それ以上に本作で話題を呼んだのは日本側のキャストでしょう。

ニックとチャーリーを案内する松本警部補を高倉健が演じました。
まさに勤勉な日本人という一面を出し、高倉健だからこそ出せた存在感がありました。

そして、物語の悪役となるヤクザの佐藤を演じた松田優作でしょう。
すでに本作ではガンに冒されており、病を押して撮影に臨んでいたという。
その圧倒的な存在感、狂気の宿った目つきなど、豪華なキャストの中でも異彩を放つ雰囲気をまとっていました。

物語としてはハリウッド映画でも良くある話しだが、その舞台が日本という点ではかなり違っています。
中心にはギャングではなく、ヤクザが絡んでいて、独特な雰囲気を出しています。

何より日本人役を日本人がちゃんと演じているのは当時として珍しい。
現在では日本人俳優はハリウッドで活躍しているが、当時の日本人役を中国系や韓国系の俳優が演じる事が多かっただけに、本作は海外に限らず日本国内でも話題になりました。

本作は日本を舞台にしたハリウッド映画の中で有名になった理由に、怪演した松田優作が公開直後に亡くなってしまい、彼にとっては遺作となっているのも大きいでしょう。

豪華なキャストとリドリー・スコット監督の世界観が合わさった本作は楽しめる事でしょう。

場所の概要【Osaka:大阪】

大阪は長らく日本文化の中心地であった京都に近く、西日本最大の都市として発展してきた為に独自の文化を築いています。その中でも大阪弁は日本で最も知られる方言の一つです。
特に大阪は昔から「天下の台所」とも呼ばれ、食文化は瀬戸内の海産物や大阪近郊の野菜にも恵まれ、日本料理の基礎にもなっています。その象徴的な言葉に「食い倒れ」があります。
しゃぶしゃぶ、懐石料理、うどんすき、大阪寿司に割烹という本格的な日本料理の発祥地としても有名です。

ブラック・レイン (字幕版)レンタル¥300から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加