スーツケース ベルトは隠れた主役

スーツケースベルトは必要か?・・・必要です! 色々な役割をしてくれるスーツケースベルト。防犯や目印、破損時の補強など色々です。 最近では、スーツケースベルトに付加価値の付いた便利ベルトやカラフルな柄や色のおしゃれでかわいいベルトも増えています。 旅行中は何があるか分かりません。万能なスーツケースベルトは、快適な旅行のために欠かせない実は隠れた主役なのです。

スーツケースの破損時の補強

海外旅行でよくあることは、スーツケースの破損です。日本の空港では、世界が認めるほど 安全で丁寧で正確に荷物を扱います。しかし、海外の空港での荷物の扱いはとても乱暴です。 投げるし転がすし、ぶつかっても落としてしまっても関係ないといった扱いです。

そのため、角が割れてしまったり、フレームが歪んでしまってカギが壊れてしまったり。

特にハードタイプのスーツケースならフレームが歪めばカギは壊れます。カギはフタ側のフックを引っ掛けて閉める構造です。なのでフレームが歪めばフックの引っ掛ける位置がずれて留まらなくなります。 スーツケースベルトが巻いてあれば、鍵が壊れてスーツケースが開いてしまう心配がありません。また、ジッパーで閉めるソフトタイプにもスーツケースベルトは必要です。 ソフトタイプといってもポリカーボネート素材のボディが今は主流です。軽量でも強い素材なので、ソフトだからといってもボディが簡単に破損することはありません。フレーム部分も、ソフトタイプに多いジッパーフレームは、衝撃で開いてしまうことはほとんどありません。しかし、ジッパー部分に負担がかかると壊れます。特にスーツケースの中身を詰め込み過ぎて、ジッパーがスーツケースの蓋側と底側に引っ張られている状態だと、ジッパーの部分に大きな負荷かかかり開いてしまったり切れてしまったりすることがあります。スーツケースベルトを巻いてあれば、ジッパーにかかる負担を軽減させてくれます。 スーツケースベルトを巻いておけば、空港職員の攻撃にも負けずスーツケースを強くしてくれる、まるで仮面ライダーの変身ベルトのようなパワーアップアイテムなのです。

スーツケースの防犯

海外旅行でスーツケースベルトを巻いているのは、日本人ツーリストがほとんどだとよく言われます。 日本人のスーツケースですよ!って分かりやすく教えている目印のようで狙われやすくなるからとスーツケースベルトを巻かない人もいるそうです。

しかし、スーツケースベルトを巻いていなくても盗難に遭います。

逆にスーツケースベルトを巻いていたから、スーツケースを開けるのに時間がかかって盗難に遭わなかったケースもあります。 海外の空港でのトラブルとして多いのは、スーツケースの破損や荷物の取り違いも多いのですが、実は荷物を飛行機に積み込む際、空港職員がカギを壊して中身を盗むという犯罪も多いのです。犯罪心理としたら、盗むのに当然時間がかからないものを選ぶと思います。狙われるのは少しでも手間のかからないスーツケース、カギを壊して簡単に開ける事のできるスーツケースです。 しかし、スーツケースベルトが巻かれていたらどうでしょう?巻いてあるベルトをわざわざ時間をかけて外して盗もうとは思わないでしょう。 楽しい旅行中、被害に遭いにくくするために、スーツケースベルトを巻くことをおすすめします。

TSAロック

2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が発生して以来、アメリカ国内の空港ではとても厳しいセキュリティーチェックが行われています。空港職員がX線透視検査を行うのはどの国でも同じですが、アメリカではこの他に、運輸保安局の職員が中身を直接目視検査をすることがあります。

そのため、スーツケースを預ける際に施錠はできません。

もし施錠したまま預けてしまったら、運輸保安局の職員がカギを壊すことを認められているので、カギは壊され、その後に盗難に遭ったとしても一切保障はしてくれません。 そこで運輸保安局が施錠して預ける事のできるTSAロックを導入しました。(TSAとは運輸保安局のこと)tsa職員だけが特殊なカギを所持しており、tsaロックのスーツケースの施錠を解除できる仕組みになっています。しかし、tsaロック用のカギは十数種類あり、職員が全てを所持していない場合があります。そのため、tsaロックのスーツケースでもカギを壊して検査をされていたりすることもあります。 また、カギがあってスムーズに検査をされたとしても、再施錠されていない事の方が多いようです。tsaロックだからといっても安心できません。 施錠できるからと油断せず、鍵の着かないスーツケースベルトを巻いておいた方が良いようです。

スーツケースの目印

預けたスーツケースを受け取るには、到着した空港でターンテーブルで流れてくるのをひたすら待ち、自分のスーツケースを見つけなくてはなりません。各自がセルフで受け取るので、似ているスーツケースの取り違いが発生してしまいます。

空港や駅やホテルなどの旅行者が多いところでの取り違いもあります。

スカーフを巻いたりネームタグを付けたり、お気に入りのシールなどでスーツケースをカスタマイズするのもスーツケースの目印になります。しかし、スカーフは取れやすいし、向きによっては隠れてしまう。ネームタグも同様です。これでは目印するには役不足です。 シールなど貼るものは、どこから見ても見えるように貼ることはできます。センスのみせどころでもあります。 しかし、次の旅行の雰囲気と違えば剥がさなくてはなりません。シールを剥がすのはかなり重労働です。 その点スーツケースベルトは、スーツケースに一周ぐるっと巻くのでどの向きでも見えますし、金具やカギなどで留めるので簡単には外れることはありません。 最近では、スーツケースベルトに付加価値の付いた便利ベルトや、可愛いキャラクターやブランドのものなどカラフルな柄や色のおしゃれなベルトも増えています。 目印にするだけでなく、自分に合った機能付きのベルトを探したり、個性がきらりと光るおしゃれなベルトを見つけたりして、旅行をより快適に楽しむのも良いのではないでしょうか。

おすすめ便利スーツケースベルト

最近は、スーツケースベルトも進化をしています。ただスーツケースに巻くだけではなく、色々な便利機能を備えたおすすめベルトをご紹介したいと思います。 ★ネームタグ付きベルト スーツケースベルトと別に付けていたネームタグ。ベルトに付いた事により、ネームタグの紛失もなく、荷物受け取りの際、自分のスーツケースを判別するのに便利です。 ★TSAロック付きベルト カギ付きというだけでも防犯対策ができ安心できるのに、tsaロックならアメリカ旅行にも対応。 ★インディケーター付きベルト tsaロック付きカギの部分に、表示の色によって検閲の有無が一目でわかるインディケージ(表示器)が付いています。 ★デジタル計量器付きベルト 計測できるのは5~24kgです。一般的に無料で預けられるのは、スーツケース1個の重さが23kgまでです。(航空会社や座席のランクで異なります。)計量機能としては十分です。そのため、手荷物カウンターで重量オーバーで追加料金を払うこともなくなります。 計量器が取り外せるタイプや、tsaロック付きのタイプもあります。 ★落し物発見サービス付きベルト tsaロックのメーカーのトラベルセントリー社が開発した落し物発見連絡サービス「OKOBAN」を搭載したハイテクベルトです。OKOBAN機能とは、固有の番号をベルトごとに記載しており、その番号をインターネットで個人情報と共に登録しておくと、荷物を紛失しても番号を入力することで、誰の荷物かがわかる無料のサービス。見つけた人が番号を確認して連絡しなければならないので、想定しているのは航空会社が荷物を紛失した場合みたいです。TSAロック付きで防犯対策も安心。 (参考商品 サンコー OKOBAN TSAケースベルト) ★2WAYベルト スーツケースに巻くだけでなく、ベルトの一部が二重になっていてキャリーバーに通せるようになっていて、スーツケースの上に手荷物を固定することができます。 バックルがなく輪状になったベルトを締めて調節するタイプです。 (参考商品 ミレスト アリフ ハッピーフライト ラゲージベルト) ★マジックテープ型ベルト スーツケースベルトの締め方が難しいという人がかなり多いです。そこで登場したのがマジックテープ。マジックテープで留めるので、難しい締め方をする必要もなく、簡単に気軽にベルトを巻くことができます。着脱が簡単なので防犯対策にはならないのですが、破損時の補強や目印としては最適です。 ★タイトフィットベルト ベルト部分がゴムのため、装着時にゴムの伸縮によりスーツケースにぴったり巻けます。 ベルトが上手く巻けず緩んだりして外れる心配がありません。tsaロック付きのタイプもあります。 ★十字型ベルト 通常ベルトは横か縦のどちらかで巻きます。しかし、十字にクロスさせて固定できる十字型ベルト。破損時の補強は万全、目印としても十分目立ちます。   また、こんな使い方をご存知ですか。以前に○○家の食卓で見ました。『スーツケースを楽に移動する方法』でスーツケースに巻いたスーツケースベルトのあまった部分を手に持って引っ張ると平らな所ではスーツケースの加重がキャスター方向に掛かるので移動が楽になるらしいです。 スーツケースベルトは必要だから日々進化しています。旅行をより安心安全で快適に楽しくしてくれるスーツケースベルト。やはり万能ベルトです。  

豊富な商品と手ごろな価格が魅力

アイエルレンタルでは最新のデザインのものを取り揃えており、新品、準新品、通常品と、たくさんのサイズやカラーから選ぶ楽しさもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です