旅行日数に最適なサイズのスーツケースを選ぶ

スーツケースは旅行の日数や行く地域に応じて最適な大きさが変わるものです。できれば、その旅行ごとにぴったりの大きさのスーツケースを使いたいものです。しかし、ご自分で購入したスーツケースの場合は、1つで全ての旅行をまかなうというのは、なかなか大変です。かといって、いくつも購入する訳にも行きませんよね。そんな時に利用して欲しいのがスーツケースのレンタルです。必要な時にレンタルするだけで煩わしい悩みも解消します。  

旅行に応じたサイズのスーツケースが必要

旅行の期間や出かける地方によって、荷物の量が違うので、毎回ぴったりの大きさのスーツケースも変わってきます。自前ではなかなか日数に最適なものを用意することは難しいものです。そもそもスーツケースの使用頻度を考えると、購入してまで必要なものなのでしょうか?持っているだけで、保管場所を確保しなくてはならないし、次回の旅行の際には、日程や行き先が異なれば、同じサイズのもので対応できるかの予測も立ちません。 昔は今ほどお手頃な価格で売られていなかったので、日数によって使い分けるという選択肢がありませんでした。その為、一つのもので済ませる人が多かったのですが、小さすぎると荷物が全て入りきらず、また、大きすぎると持ち運ぶ時に不便です。しかし、今はレンタルで最適な大きさを選び快適に旅行を楽しむことができるのです。  

スーツケースのサイズは滞在日数で決める

長期滞在であれば大きなものが必要になってきます。でも一週間では?二日から三日では?スーツケースのサイズはどうやって選べばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 スーツケース選びは、滞在日数を基準にします。日本国内でも北海道や沖縄、大阪などへの短期の旅行であれば、Mサイズのものか、機内に持ち込みができるSサイズのものが使い勝手がいいでしょう。コンパクトなので持ち運びも楽々です。 ヨーロッパや北アメリカなどへのちょっと長めの旅行は、6日から8日の日程の設定が多くなっています。海外に一週間となれば80~95リットルほどの大サイズが適しています。また、二週間以上の長期旅行やホームステイにも対応した、104リットルの特大サイズのものもあります。しかし、こちらは航空会社の規定サイズを超えていると、空港で預ける際に超過料金を取られてしまいます。また、重量規定もオーバーしないよう、事前に利用する航空会社のホームページなどで確認しておきましょう。  

スーツケース サイズ 選び方

一般的には1泊あたり10リットルの容量を目安に選ぶと言われています。「旅行上手は荷物が少ない」なんて言われていますが、不慣れな人ほど荷物が多くなりがちなのは確かです。また、行きより帰りの方がお土産などで荷物が多くなる傾向があるので、少しゆとりがあるサイズを選ぶ方が安心です。 旅行先の季節によっても必要な荷物の量は変わりますので、日本との気候の違いを考慮して持っていく服や荷物を考えてみましょう。また、持っていきたい荷物を一度段ボール箱に詰めて、サイズを測ってみるのも有効です。  

目的に合わせて選ぶ

渡航先が、石畳の多いヨーロッパや、路面状況が良くない地域であれば、キャスターが大きい方がスムーズに移動しやすいでしょう。飛行機の乗り継ぎが多い場合などで、強度に優れた物が最優先なのであれば、ポリカーボネートを使用している物を選ぶのがポイントです。新婚旅行や家族旅行などでは、おそろいのメーカーや色でそろえるのも楽しいですね。最近では、出張などの際に機内持ち込みが可能なサイズのものも人気です。また、ツアーに参加するときなどは、他の人の荷物と差別化するために派手な色のスーツケースを選ぶのもおすすめです。  

旅行先によって使い分ける

日本から近い距離にある韓国や台湾、グアムなどに3泊から4泊程度の旅行の予定なら、中サイズの「TSA エミネントキャリーケース ファスナータイプ」がおすすめです。女性や子供でも扱いやすい軽量なジッパータイプのこちらは、内装に荷物が崩れないようにメッシュの仕切りと、反対側には収縮性がある押さえベルトが付いており、中身がゴチャゴチャになる心配がありません。   インドやタイに旅行にいく場合には、50リットルから70リットル位が必要でしょう。インドは名所が多い観光地です。カレーやナンに代表される個性的なグルメもあります。また数学や医療やITが発展した事でも知られる地域であり、理科系の学生の卒業旅行にはまさしくベストなスポットです。そんなインド旅行におすすめのスーツケースは「TSA トラベリスト」です。Mサイズのなかでも容量たっぷりの70リットルで、中には取り外し可能な仕切りポケット付きなので、パッキングもらくらく。容量に余裕があれば、旅行先で買ったお土産をつめることもできますね。大きすぎず小さすぎない絶妙のサイズのケースを選びましょう。  

日数に応じた容量で選ぶ

1週間程度の海外旅行なら、荷物をそのまま預けられる新基準158cmのタイプがおすすめです。日本国内で120年以上鞄を製造及び販売している、株式会社サンコー鞄の「スーパーライトA」という商品は人気が高いです。こちらは、本体の軽さにこだわって製造されています。大サイズは容量が94リットルまで対応しており、使いやすい機能や安全対策の工夫が施されています。多段階調整可能のキャリーハンドルと、オイルによるスムーズな動きで摩擦熱による故障率軽減が考えられた大型のキャスターが付いています。 その他にも、大サイズの「ヒロイックシエスタ」なら、おしゃれなカラーも選べるのでひときわ注目を浴びることでしょう。またこちらのスーツケースは、内布が取り外せて丸洗いできるので、毎回清潔に使用することができます。 バーマスプレステージ2、フレームタイプとファスナータイプも人気があります。容量は83リットルで石畳でも楽に移動できる大型のダブルキャスター付きで、ポリカードネイド素材の強くて軽い丈夫なスーツケースです。 当社では、全てのスーツケースにTSAロックを装着しています。TSAとは、アメリカ運輸保管局で認可された最新式のロックシステムを指します。一昔前は、ファスナーの根本に簡易南京錠を装着できるタイプが人気でしたが、破壊されて中身を盗まれる危険性があるため、現在南京錠のみを採用している会社は皆無です。特にグアムやハワイなどのアメリカ圏への渡航の際は、TSAロック機構がついたものが安心でしょう。  

レンタルで適正サイズを選ぶのが正解

スーツケースのレンタルなら旅行日数や荷物の量などに合わせてピッタリな大きさのものを選んで借りることができます。その旅ごとに適正サイズが選べるので、無駄がなくとっても便利です。 スーツケースレンタルを専門に取り扱うアイエルレンタルなら、レンタル費用は旅行期間のみで、準備期間として出発前3日間と帰国後の1日間の利用が無料になるのでお得です。余裕を持って準備できるのも、嬉しいポイントです。さらに首都圏(東京、神奈川、千葉、茨城、栃木、群馬、埼玉、山梨)は送料無料でお届けします。 旅行に出かける時はぴったりの大きさのスーツケースを使いたいですね。出かける地域や季節、旅行の長さによって必要なスーツケースは違うので、買うよりもレンタルするのがおすすめです。  

厳選された確かな品質の商品を取り揃えています

スーツケースのレンタル専門店のアイエルレンタルでは、デザインや機能性に優れた豊富な商品を取り揃えています。大型ケースでも移動が楽にできるhinomoto(ヒノモト)製 キャスターのケースや、ポリカーボネート素材の丈夫で軽量なタイプもあり、荷物が多くなりがちな旅行にもぴったりです。世界で人気のブランドや信頼があるメーカーの商品なら、重みでキャスターが破損したり、キャリーハンドルが取れるなどの心配もありません。値段が手ごろなスーツケースを購入した人の中には、途中で鍵やファスナーが壊れてしまったり、車輪が破損してしまったりするトラブルが起きることがあります。丈夫で軽いスーツケースをレンタルで利用することが賢い方法なのです。高品質な商品を、手ごろな価格で借りられるので、高い満足感を得る事ができるでしょう。   旅行期間に合わせたスーツケースのサイズ選びは、スマートな旅行の必須条件です。レンタルなら大きさに加えて、質や機能やデザインも旅行に最適なケースをチョイスできます。一日当たりの利用料金も格安なので、便利で快適に旅行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です