【ローマ スペイン広場】王女アンは普通の女性としてイタリアのローマを満喫

ローマには観光スポットが沢山!

誰でも知っている?【ローマの休日】の印象的なシーン。

髪を短く切った主人公アンが最初に訪れる場所であり、『スペイン広場』の特徴的な大階段を前にして食べるジェラートは印象的です。ぜひ観光してみては?

映画レビュー【ローマの休日】

某国の王女アンは普通の女性としてイタリアのローマを満喫。 演じているオードリー・ヘップバーンの魅力が伝わってくる。

その相手をするアメリカ人新聞記者のジョー。 グレゴリー・ペックの名演技が光っています。

最初はジョーが特ネタの為にアンをデートに連れ出すが、 アンと時を過ごしているうちにジョーは違う感情を抱く。 その過程はまさしくロマンティック・コメディの王道であり、 演じていたオードリー・ヘップバーンの魅力が詰まっている。

もちろん、かの有名な『真実の口』での場面ですが、 そこでオードリー・ヘップバーンは驚いているけど、 グレゴリー・ペックは食い千切られた演技をして、 オードリー・ヘップバーンが本当に驚いています。

グレゴリー・ペックはオードリー・ヘップバーンの自然な演技を、 なんとか引き出そうと終始に渡って彼女をサポートしていました。 その甲斐もあって、オードリー・ヘップバーンという女優は、 世界的に有名となって、当時誰もが憧れる女性になりました。

60年前の作品であっても色褪せる事のない名作だと言えましょう。

場所の概要【Piazza di Spagna:ピアッツァ・ディ・スパーニャ】

『スペイン広場』はイタリア共和国のローマ市内にある中心街に位置する。

別名を“スパーニャ広場”とも呼ばれ、間近にあるスペイン大使館があり、 イタリア語では「スペイン」を「エスパーニャ」と言い、その略語である。
広場の中央にはジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作『バルカッチャの噴水』、 その東にはトリニタ・デイ・モンティ教会へ続くトリニタ・デイ・モンティ階段、 それこそが多くの映画に登場している大階段、通称“スペイン階段”があります。
現在はスパーニャ広場付近の地下鉄入り口付近にある階段を上がらず、 上へ行くエレベーターが設定され、すぐに行けるようになっています。
ただし、現在は保全のために広場での飲食は法律で禁止されており、 残念ながら『ローマの休日』のようにスペイン広場ではジェラートは食べられません。

ローマの休日(字幕版)レンタル¥324 から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です