【フィジー】無人島で男は孤独に生き抜いていく

南太平洋に浮かぶ島国はまさに楽園!

無人島に遭難した男を描く【キャスト・アウェイ】の印象的なシーン。

飛行機事故で無人島へ流れ着いた主人公のチャックが目を覚まし、現実を見た時に感じさせるギャップが本作の強い意味が込められています。
それまで時間に追われるような人間だったチャックが、時間に縛られない無人島で孤独に戦っている姿が印象に残ります。
美しい砂浜と青い海、ヤシの木と観光には素晴らしい場所だが、生きるには過酷な環境だと分からせてくれます。

映画レビュー【キャスト・アウェイ】

運送会社フェデックスの管理職であるチャック(演:トム・ハンクス)は自社の貨物機に同乗する中、嵐によって飛行機が墜落してしまう。

生き残ったチャックは南太平洋の無人島に流れ着いてしまう。
彼は救助を待ち続ける中で、それまで時間に追われる人生から、時間に縛られない大自然に放り出される。

そこからチャックはサバイバル術を身につけ、葛藤しながらも脱出を試みるのである。

本作の大半は孤独に無人島で生きていくチャックの生活が中心となっています。
そんな過酷な性格を送っているチャックを演じているトム・ハンクスは素晴らしい。

ロケ地はフィジーにある無人島であるが、ここには宿泊施設がない為、トム・ハンクスを含めた撮影クルーはホテルからボートで片道1時間かけて毎日のように通っていたという。

その中で主人公を演じているトム・ハンクスは劇中で4年も無人島で暮らしているので、それに合わせて減量しています。

これはトム・ハンクスだからこそ耐えられた過酷なロケであり、主人公が追い詰められながらも力強く生きていく姿を見事に表現しています。

現代人が突然、無人島に放り出されたらどうなるのか。
サバイバルを一切知らない現代人がなんとか生き延びようとして努力し、様々な葛藤の中で諦めない強い精神力をトム・ハンクスが演じた主人公が魅せてくれています。

孤独ながらも逞しく生きる人間の強さを本作は伝えています。

場所の概要【Republic of Fiji:フィジー】

フィジーはオセアニアの国家でイギリス連邦加盟国の一つです。
首都はビティレブ島で南太平洋のフィジー諸島と北に離れた保護領のロツマ島に位置する島国であり、300余の火山島と珊瑚礁からなっています。
毎年60万人の観光客が訪れる観光地の一つで、ナンディとラウトカにあるキャンパスでは年間1500名以上の留学生が英語留学をしています。
本作のタイトルとなる『キャスト・アウェイ』をテーマにしたツアーもあって、各島を訪れますが、肝心のロケ地となったモヌリキ島は無人島であるが、シュノーケリングが楽しめます。

キャスト・アウェイ(日本語吹替版)レンタル¥300から

 

豊富な商品と手ごろな価格が魅力

アイエルレンタルでは最新のデザインのものを取り揃えており、新品、準新品、通常品と、たくさんのサイズやカラーから選ぶ楽しさもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です