【ベトナム ハロン湾】ゆっくりと流れる時間の中で三姉妹はそれぞれの秘密を持つ

彫刻作品のような美しい景観を放つ観光地!

時間がゆっくりと刻まれる【夏至】の印象的なシーン。

三姉妹の長女スオンの夫クォックが訪れたハロン湾。
カメラマンとして写真を撮っているが、小さな浜辺から見えるハロン湾の大胆で鵜tくしい景観が印象的である。
独特な形をした島々、淡い緑色に輝く水面など、クォックの疲れ切った人生とは正反対の優雅な自然が広がっています。

映画レビュー【夏至】

トラン・アン・ユン監督の三作目となります。
『青いパパイヤの香り』でデビューし、その後、順調に作品を重ね、2010年に公開された『ノルウェイの森』が話題となりました。

ベトナム映画というと、どうしても戦争をテーマにした作品が多い。
しかし、本作はハノイのとある三姉妹が物語の中心となっていて、ベトナムのごく当たり前の日常を描いています。

三姉妹は別々に暮らしているが、母の命日で久しぶりに集まる。そこで母親が過去に父親以外を愛した事が話題となる。 各々が違った反応を見せていくが、それは彼女たちが抱える現実問題に直結している。

長女のスオンは夫が不倫相手と子供を作り、数年に渡って行き来していた。加えて、自分自身も忘れていた恋心を別の男性に求めていた。

次女のカインは新婚でようやく子供ができるが、夫が旅先で浮気に近い行動をした事でショックを受けていた。

最後の三女リエンは恋人とは微妙な関係が続いていて、同居していた兄とはまるで恋人のような生活を楽しんでいたが、突然の妊娠に困惑する。

そんな三姉妹はそれぞれが抱える問題に直面し、母の命日から一ヶ月後、父の命日には彼女たちが隠してきた問題が噴出していく。
一見して平穏に見える三姉妹の生活だったが、彼女たちの問題を告白するシーンでは、お互いに涙を流して抱き合うところは本作最大の見せ場となります。

ずっと自分の中でガマンしていた出来事を打ち明けて気持ちが軽くなる。
そして、三女リエンの妊娠が間違いだと気づいた時、三姉妹が笑いながらはしゃいでいる場面は本作を象徴するかのような明るいクライマックスとなりました。

場所の概要【Ha Long Bay:ハロン湾】

ハロン湾はベトナム北部、トンキン湾北西部にある湾です。
漢字表記では下竜湾。
クアンニン省のハロン市の南に位置し、カットバ島の他に代償3000ものの奇岩、島々が存在しています。 伝承では中国がベトナムに侵攻した時、竜の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったと伝えられています。
広大な石灰岩台地の一角であり、地盤が沈降し、浸食作用が進んだ事で現在の姿になっている。 彫刻作品のような島々の景観は太陽の位置によって輝きが変化し、雨や霧によって趣のある雰囲気を漂わせる絶景の場所として人気を集めています。

 

 

海外旅行に必要なスーツケースですが旅行先や目的によって必要なスーツケースの大きさが変わります。スーツケースのアイエルレンタルでは旅行に合わせたスーツケースのサイズはもちろん、色やデザインも選べて毎回違うスーツケースをお選び頂けます。

また、海外で必要になる変圧器やプラグセット・ヘアドライヤーもご用意しております。
スーツケースと一緒にレンタルすれば、余計な送料もかからないのでお得に利用頂けます。
海外旅行や出張に、是非ご活用下さい。

>スーツケースの一覧はこちら
>旅行用品の一覧はこちら

 

コメントを残す