海外旅行に変圧器は必要か?

海外に行く際、携帯電話やスマホ、デジカメ、ドライヤーなど、普段使っている家電をそのまま持っていって海外でも使えたら便利ですが、実際は使えない国がほとんどです。知っていましたか?

 

変圧器ってなに?

日本の電化製品は、主に日本国内向けに作られています。それは、単に日本人の趣向に合わせた、と言うことではありません。海外製品との一番大きな違いは「電圧」です。

日本の電圧は100V(ボルト)ですが、お隣の韓国は110V/220V、アメリカは120V、ヨーロッパは220Vから240Vなど、世界の電圧は様々です。

海外の120Vから240Vの電圧を、降圧(ダウン)して100Vに調整して使用出来るようにしてくれるのが変圧器(ダウントランス)の役目です。

電圧の違う地域で日本の家電製品をそのまま使うと、故障や発火などの危険性があるので注意が必要です。

世界の電気とコンセントプラグはこちら

変圧器30W

なお、現在のスマートフォンやパソコン、デジカメの充電器などは、海外の電圧に対応したものも多いです。海外対応のものは、充電器本体などに「100-240V」や「海外共通」などの表記がありますので、変圧器を用意する前に一度確認してみましょう。

 

コンセントプラグの変換は必要?

次に重要なのが、コンセントプラグの形状です。

日本で目にするコンセントは、平たい突起が2つ出っ張った形の「Aタイプ」です。海外では、アメリカやハワイは同じAタイプですが、その他の国や地域は様々な形状のコンセントになっています。

それを変換するためには、変換プラグが必要になります。

プラグセット

電化製品のコンセントプラグの先に挿して使用しますが、タイプ毎に1つ1つ分かれているものや、色々なタイプが1つになった一体型のものなど、その形状も様々です。1回の旅行で色々な国を周る、といった場合は一体型のものが適しているかもしれません。

組み立てが必要なタイプの変換プラグは、一見しただけでは使い方が分からないようなものもありますので、出発前に使い方をチェックしておきましょう。

マルチプラグ

 

変圧器、家電製品のW(ワット)数も確認しよう

では、変圧器とプラグセットがあれば、日本のどの家電も海外で使えるのかと言えば、それにはまた別の問題が出てきます。

例えば、普段お使いのドライヤーのワット数をご存知ですか?

ドライヤーは熱風を発生させる為、600Wから1200Wほどの電力を消費しています。冷暖房や電子レンジなどと併用して使って、ブレーカーが落ちてしまった!なんていう経験がある人もいるかもしれません。

一方、海外用の変圧器で手頃に購入出来るものは、せいぜい30Wから100Wほどです。ほとんどが携帯やスマホ、デジカメなどでの使用を前提とされています。

現在、ドライヤーなら、海外対応のものがお手軽な値段で購入出来ます。

1200W対応の変圧器というと、大きさ、重量、値段共に、ドライヤーでの使用の為だけ海外に持ち込むというのは現実的ではありませんね。

海外旅行用ヘアドライヤー

 

海外で日本の家電製品を使用するためには、行き先によって「変圧器」「変換プラグ」が必要な事がわかりましたね。

 

 

海外で必要な変圧器やプラグセットもレンタルすることが出来るのをご存知ですか。?
スーツケースのアイエルレンタルでは海外旅行に便利な大きいサイズのスーツケースはもちろん、プラグセットや海外対応のドライヤーや電気ポットも格安で取り揃えています。
スーツケースと一緒にレンタルすれば、余計な送料もかからないのでお得に利用できます。
海外旅行や出張に、是非ご活用下さい。

>スーツケースの一覧はこちら
>旅行用品の一覧はこちら

 

 

 

コメントを残す