旅行海外に行くなら保険に入っておくべき?!

海外旅行に出かけると、日本国内とは違ったタイプのトラブルに巻き込まれることもあります。

荷物の盗難はもちろん、海外で病気になってしまえばほとんどの場合その医療費は高額となってしまいます。そのためにも出国前にあらかじめ保険に加入しておくことをオススメします。

海外旅行保険

どんな保険に入れば良いの

まずは誰が被保険者になるかという点についてです。もともと風邪をひきやすい体質であれば疾病に対する医療費が多く補償される方がいいですし、物をなくしやすいのなら携行品に対する補償が多いほうがいいです。

滞在日数も考慮しましょう。多くの保険は3か月までですので長期になれば別の保険を検討します。

 

海外旅行保険は「死亡時」「疾病や怪我」「携行品への損害」などが補償の対象になります。

死亡保障は怪我によるものか疾病によるものかでも変わってきますし、ロストバゲージに対応した補償もありますので、自分にどのタイプの補償が必要かで選びましょう。

 

またクレジットカードを持っていれば、その中に海外旅行保険が組み込まれているものもありますが、一般的にクレジットカードでの補償は海外旅行保険よりも少ないです。

特に海外では日本の保険が適用されないため、保険なしに医療を受けるとその医療費は数百万円に及ぶこともありますので必ず保険加入をするべきです。

 

実際に保険金が支払われたケースではほとんどが医療費、携行品補償、旅行事故費用ですので、万が一を考えた保険ではこの3つがそろっていることが必須であると言われています。

ただし、この補償は必要ないけれどこっちの補償はもっと手厚くしたいなどと個々人で必要な補償内容は違いますので、サイトなどで予め余裕をもって比較検討する方が望ましいでしょう。

 

実例別の補償内容

例を挙げて保険内容を説明します。

海外旅行中の交通事故

海外旅行中に交通事故に遭い死亡した、もしくは後遺症が残った。海外旅行中に病気になり死亡した場合は、障害死亡もしくは障害後遺障害の適用、疾病死亡の適用になります。

保険によって事故が発生してから何日以内などが異なってきますので、保険内容を詳しく把握しておきましょう。

障害後遺症の場合は後遺症の程度によって支払われる金額が異なります。また、病気による死亡の場合は発病から何日以内に死亡したかによって適用されるかが異なります。

 

弁護士を雇った

交通事故を起こされ弁護士を雇った、損害賠償を請求した場合は弁護士費用として法律相談費用・損害賠償請求費用が適用され、実損分が保険金の上限内で支払われます。

 

家族を現地に呼び寄せる

3日以上連続で入院することになり、家族を現地に呼び寄せることになった場合は治療・救援費用の適応となります。

移動交通費等家族が現地に向かうまでの実損分が補償されますが、原則その際に必要となった通話費は補填されませんので注意が必要です。

 

歯の治療

海外で虫歯の治療を受ける場合は、その虫歯が出国前に起こったのか旅行中に起こったのかで適用が異なります。旅行中に起こった歯科疾病は基本的に治療・救援費用の適用とはなりません。

しかし、その虫歯が急激に発症・悪化したという場合は「緊急歯科治療費用」の適用となります。また、事故により歯が折れてしまったなど怪我によるものであれば治療・救援費用が適用されます。

 

妊産婦の場合

海外で妊娠・出産することになった場合は治療・救援費用の適用とはなりません。

しかし、子宮外妊娠等妊娠22週未満に発生する初期異常により治療を受けた場合は特約により適用される場合があります。

 

怪我、病気

銀行強盗に巻き込まれて怪我をしたなど、犯罪に巻き込まれて怪我をした場合は治療・救援費用の適応となります。ただし、自身が犯罪に加担している場合は適応となりません。

旅行先でSARS(重症急性呼吸器障害)など特定感染症にかかり帰国後に30日以内に発病した場合は、治療費用等は治療・救援費用の適応となります。

旅行中の怪我で義歯が取れてしまった場合、旅行中に治療を開始した場合は緊急歯科治療費の適応となります。

また日本で歯科矯正をしたが、海外に行って飲食をすると痛みが出た場合、飲食時の痛みの除去、緩和のためであれば緊急歯科治療の適応となります。

 

個人賠償責任

誤って店の商品・他人の私物を壊してしまった場合やレンタル中の携帯電話など業者からのレンタル品は個人賠償責任の適応となります。

友人から出国前にスーツケースなどを借りていた場合は携行品損害の適用となります。

しかし、レンタカーの事故による対人・対物賠償、車両損害は個人賠償責任の適応とはなりませんのでレンタカーを借りる際に保険に加入することをオススメします。

偶然の事故で発生した怪我は「治療・救援費用」の適用となりますが、飲酒や無免許での運転では適用となりません。

 

携行品の盗難・破損

携行品の盗難・破損がおこった場合は携行品にもよりますが、スーツケースやカメラ、スノーボード用品等であれば携行品損害の適応となります。

 

 

補償内容を確認してから申込み

海外旅行には不安がつきものです。日本では3割負担の医療費も海外では数百万円から数千万円に及ぶことも少なくはありません。

 

どこに行くのか、その地域の治安はどのようなものかということでも必要な補償内容は変わってきます。

 

怪我に対する補償が必要であればそこが手厚い保険を選び、荷物の紛失が心配であれば携行品補償を手厚くするとよいでしょう。

 

また万が一のことを考え虫歯の治療は国内で行っておき、妊娠中であればなるべく海外旅行を避ける方が無難でしょう。

 

携行品については、保険会社や保険内容でどこまで補償してもらえるかが変わります。約款や保険内容をしっかりと読み、万一の事態に備えておくことをオススメします。

 

保障の内容や範囲は商品によって違いますので、余裕を持って予め確りと調べておくことが肝心です。

 

 

海外旅行に必要なスーツケースですが旅行先や目的によって必要なスーツケースの大きさが変わります。スーツケースのアイエルレンタルでは旅行に合わせたスーツケースのサイズはもちろん、色やデザインも選べて毎回違うスーツケースをお選び頂けます。

また、海外で必要になる変圧器やプラグセット・ヘアドライヤーもご用意しております。
スーツケースと一緒にレンタルすれば、余計な送料もかからないのでお得に利用頂けます。
海外旅行や出張に、是非ご活用下さい。

>スーツケースの一覧はこちら
>旅行用品の一覧はこちら

 

 

 

コメントを残す