海外でゴルフをするさいの注意! キャディバッグだけでは破損が怖い

海外でのゴルフは、ダイナミックなロケーションの中でのプレーが醍醐味です。最近では、ゴルフを目的とした海外ツアーが人気です。都内の渋滞や早起きなどとは無縁な海外ゴルフをマイクラブでラウンドする人が増える一方、輸送のさいにゴルフクラブの破損が起きています。

いくら梱包をしていても、キャディバッグ(ゴルフバッグ)、ゴルフケースに入れるだけでは心配です。そこで、今回は、海外にゴルフクラブを持ち込むさいの注意点を見ていきましょう。

憧れの海外有名ゴルフコースでプレーできる

海外のレンタルゴルフクラブ事情

せっかく憧れの海外ゴルフをプレーするには、いつも通りのショットを気持ち良く決めていきたいものです。しかし、どんなに経験豊富なゴルファーでも、初めて使うゴルフクラブに慣れるには時間が掛かってしまいます。腕でカバーとはいきません。

 

しかも、現地のレンタルクラブは、日本人仕様ではありません。アメリカのコースでは、質の高いクラブをレンタルしていますが、重さと硬さがあるので日本人には使いにくいと言われています。

慣れない環境や芝の違いには、マイクラブでないと対応が難しくなってきます。

マイクラブを使う

国によっては、古いクラブや傷がある物なども普通にレンタルとして使われていることが多いです。また、レディースクラブがないゴルフ場もあります。

満足するプレーをするためには、マイクラブの持ち込みをおすすめします

 

また、ゴルフボールは多めに持参することをおすすめします。 海外では、海越えやラフの多いコースが多いので、ボールをロスする可能性は日本のコースより高いと言えます。

グリーンフィーの安いアジアンゴルフでも、ボールのレンタル料金は高く設定されています。

海外にゴルフクラブを持ち込む前の注意点

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSでは、海外へゴルフクラブを輸送したさいに破損した写真やコメントが多くアップされています。

ゴルファー憧れのクラブのヘッドがポッキリと折れている写真を見てしまうと、他人ごととは思えません。

運搬中の扱いは、高価なクラブだからといっても他の荷物と同じように扱われてしまいます。

航空会社によっては、荷物を乱雑に扱っているとの話があるので、クラブの梱包をおおげさなぐらいしておくことが大切です。

ゴルフクラブの養生

  • クラブ全てにヘッドカバーを付ける
  • ヘッドとシャフトにエアキャップ(プチプチ)などの緩衝材を巻く
  • キャディバッグ(ゴルフバッグ)やゴルフケースにクラブを入れて、隙間をタオルなどで埋めて固定する
  • ゴルフトラベルケースに入れる

ここまで養生して、初めて安心です。

それだけ、海外への持ち込みは危険が多いと言えます。

 

また、クラブが折れるほどの破損が起きなくても、傷が入ることも多いので海外輸送に耐えられる、ゴルフトラベルケースに入れることで、キャディバッグの傷も防ぐことができます。

とくに、海外に空輸する場合は、キャスターの付いたハードタイプのゴルフトラベルケースをおすすめします。ハードタイプは、ソフトケースより重量があり、お値段も高くなりますが、他人のキャディバッグに潰される心配がなくなります。キャスター付きですので、現地での移動も非常に楽になります。

ゴルフトラベルケースで人気のモデル

ハードケースの世界トップブランドと言えば、アメリカの「SKB社」です。

大変高価な管楽器やドラム、ギター、音響機器などの楽器類を始め、アメリカ軍、NASAが正式採用するほどの絶大な信頼を得ているハードケースメーカーです。

軽量でありながら、外部からの圧力に強く、温度や湿度による変形も非常に少ない素材や構造をした特殊なケースで本体を守ります。

 

その、SKB社製のゴルフトラベルケースは、保護性が非常に高い上に、TASロック鍵付きです。TSAロック(ティーエスエーロック)とは、DHS(アメリカ合衆国国土安全保障省)に認定を受けたカギです。

 

アメリカ全土(ハワイ、グアム、サイパンなどアメリカ領含む)では、2001年9月11日に発生した同時多発テロを背景にアメリカ合衆国を出入国する人の荷物チェックが強化されました。

このことにより、国際線では荷物の受け渡し前に、疑わしき物やランダムで荷物を開封して目視しています。

 

本人がいない場所で目視検査をすることが前提なので、荷物を預けるさいにはカギを解除しておく必要があります。しかし、スーツケースやゴルフトラベルケースなどがロックされているとカギを壊されてしまう可能性が少なくありません。

 

壊されたカギはそのままで、補償は一切してくれません。

そこで、安心なのが「TASロック」です。

TASロックの場合だけは、鍵を壊されることがありません。特殊なカギで開けられる可能性はありますが、TAS職員がマスターキーで解除、施錠するので壊される心配はほぼありません。

 

アメリカでゴルフクラブを持ち込む場合は、スーツケースだけでなく、ゴルフトラベルケースにもTASロックは必須です。

 

 

 

 

 

近年、海外でゴルフを楽しむ方が大変増えています。自分のクラブでプレーしたいのは当然の事ですが、移動中のトラブルは避けたいのでハードケースは必須となります。必要な時だけレンタルをご利用頂けば移動中も安心して旅行をお楽しみ頂けます。

ゴルフトラベルケースはこちらから >>>>>

また、海外で必要になる変圧器やプラグセット・ヘアドライヤーもご用意しております。
スーツケースと一緒にレンタルすれば、余計な送料もかからないのでお得に利用頂けます。
海外旅行や出張に、是非ご活用下さい。

>スーツケースの一覧はこちら
>旅行用品の一覧はこちら

 

 

 

コメントを残す