【京都 平安神宮】異国の地ですべてが違う男女が淡い恋をする

世界的に有名な古都は観光地! 孤独な男女が出会う異国の地【ロスト・イン・トランスレーション】の印象的なシーン。 ヒロインであるシャーロットが東京から京都へと到着するシーン。 セリフは一切ないが、ここで魅せる京都の美しい景観が非常に素晴らしい。 修学旅行で訪れる学生、結婚式を行う男女、美しい庭園など絶景が広がります。

映画レビュー【ロスト・イン・トランスレーション】

ウィスキーのCM撮影の為に日本へやって来たハリウッドスターのボブ(演:ビル・マーレイ)は、スタッフから歓迎を受けるも、慣れない国で不安を覚えていた。 一方で写真家の夫とともに日本を訪れたシャーロット(演:スカーレット・ヨハンソン)たちは新婚。夫が仕事が忙しく言葉も分からないシャーロットは孤独を感じていた。 そんな二人がホテルのバーで出会い、お互いの孤独感を埋め合わせるように話しを始める。 異国の地で出会った男女。しかし、ボブはハリウッドスターとは言え中年の男であり、一方のシャーロットは大学を卒業したばかりの20代。 アメリカで出会っても決して会話をする事がない二人であるが、異国の地と通じ合う孤独感を持つ両者が引き合う様子が面白い。 ビル・マーレイのベテラン俳優を演じる姿はやっぱり上手い。 どこか疲れたような雰囲気で、日本の文化に戸惑い、愛想笑いするけど心の中では早く帰りたいという気持ちがよく伝わってきます。 スカーレット・ヨハンソンも不安を募らせる雰囲気が良い。 夫は仕事の為にやって来ているので、彼女に構っている時間がなく、偶然にも知り合いの女優と出会って仲良く話している状況に更なる不安感を募らせていく。 二人が心の寂しさで距離を縮めていくが、見た目としてバランスが歪であるが、そこはビル・ マーレイとスカーレット・ヨハンソンの演技力で絶妙なバランスをみせてくれます。 トキメキもない結婚生活に嫌気が差していたボブ、結婚に不満を持つシャーロット。 年の差を超えた二人の楽しむ姿は好印象で、それは寂しさだけではなく、両者が忘れていた束の間のトキメキを魅せています。 そして、ボブが最後にシャーロットと別れる際、人混みの中で抱き合ってキスをするシーンは二人にとって一生の思い出になるだろうという晴れやかなクライマックスでした。

場所の概要【Heian Shrine:平安神宮】

平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治28年に創建された神社です。¥ここでは平安遷都を行った桓武天皇を祭神にしています。 平安神宮には文化財に指定されている建造物が多く、観光地としては見どころが多いです。 劇中でもヒロインのシャーロットが渡った「臥龍橋」、彼女が前を通った「蒼龍楼」などが非常に魅力的な景観となっています。  

豊富な商品と手ごろな価格が魅力

アイエルレンタルでは最新のデザインのものを取り揃えており、新品、準新品、通常品と、たくさんのサイズやカラーから選ぶ楽しさもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です