旅行の日数によってサイズや持って行く荷物を決める

旅行に行く際に持っていくと便利なものの代表がスーツケースです。スーツケースは購入する人も多いですが、それほど頻繁に使うものではないのが現状です。

1度使ったきりで押し入れの中に眠り、収納ケースの代わりになってしまっているような人も多いのではないでしょうか。

 

スーツケースのサイズ選び

購入したスーツケースが大きすぎた場合はまだ良いのですが、万が一小さすぎた場合はせっかく購入したスーツケースが活用できません。

スーツケースは旅行の日数に応じてサイズや容量が大きく変わります。

スーツケースが小さすぎるとこんなに事に

 

ここからは一般的な旅行の日程別に最も適しているとされるスーツケースの容量を解説していきます。

日帰り旅行や1泊のみの国内旅行の場合は持っていく荷物もあまりないのでハードタイプのスーツケースを持つよりソフトキャリーやボストンバッグなどの移動時の荷物の置き場所に困らない物を選んで、標準サイズのコインロッカーに入る大きさを目安にすると、より使い易くなります。

 

スーツケースが必要になるのは2泊以上の旅行

本格的にスーツケースが必要になるのは2泊以上滞在する場合です。
アントラーリクイス 小サイズ 34リットル

2泊する場合、スーツケースの容量はだいたい30リットルあれば十分でしょう。3泊の場合はそれよりも10リットル容量が増えて40リットルほど必要になります。
このサイズのスーツケースは旅行の場合だけではなく、会社でちょっとした出張があった時にも使えますし、1泊旅行の際にも手軽に持ち運べるので、購入して持っておくのも良いかもしれません。
更に機内持ち込みサイズを選択するのは賢い方法といえます。詳しくは機内持ち込みできるスーツケースでも説明していますのでご覧下さい。

 

東南アジアのリゾートやグアムやハワイは中サイズにおまかせ

中サイズ ファスナータイプ スーツケース

3泊以上5泊未満の旅行になると、本格的なスーツケースが必要となります。
これくらいの日程の旅行の場合は50リットル以上60リットル未満のサイズのスーツケースが最も適しています。
このサイズのスーツケースだと近隣諸国の海外旅行などに対応できる容量となります。

女性が運びやすいのもこのサイズです。中サイズと言われるこのサイズはメーカーや各モデルで容量の幅があるので注意が必要です。旅行日数×10リットル+嗜好品10リットルを目安として選ぶとわかり易いです。

 

1週間程度の旅行では80リットル必要

そして、1週間以上滞在する場合は80リットルくらいのサイズのスーツケースにしておいた方が無難です。

1週間の滞在に必要な丁度いいスーツケース スーパーライトA大サイズ

 

このサイズになると頼もしい大きさですが、さすがに電車の移動の際に階段があると大変です。長期の旅行になれば必要な荷物の量も増えて大サイズでも足りないと感じる事は多いのでパッキングの工夫は必須になります。

そんな時は、予めサイトや宿泊先のホテルで調べて現地で手配できる物を見付けるのも荷物を減らす方法です。
洗濯物などは現地で処分してくる方法もあります。お土産も増えますのでスーツケースが大きいからと行きから荷物を詰め込みすぎると帰りは制限重量をオーバーする事があります。

もし、お土産を買いすぎたなと思ったら、空港で搭乗時にお土産などは折り畳みのサブバッグなどに移して一部を機内持ち込み荷物にするなどの工夫も必要です。

ほとんどの航空会社では荷物のサイズと重量の制限がありますので、事前に自分が利用する航空会社の受託手荷物の制限を調べておく事が必要です。

 

旅行に何が必要か

スーツケースのサイズや容量については基本的には旅行の日数に応じて決めれば間違いありませんが、その為に考慮しておきたいのが何をしたいのかです。

旅行先や目的によってもっていかなければいけないものが大きく変わります。

もし、旅行先でアクティビティを楽しむ場合、現地でレンタルできる用具は何処まであるか事前に確認するのが楽しめる秘訣となります。出発前にできるだけ現地の情報を集めましょう。

旅行のプランをつくることが大切

持ち物に注意しなければいけないのが海外旅行です。

海外では日本国内での常識が通用しない場所がたくさんあります。旅先に応じて必要なものが変わるので、何が必要かを良く調べて忘れ物が無いように入念に確認しておきましょう。

 

スーツケース カメラ パスポート 旅行に必用なもの

海外旅行に必須なものと言えばパスポートです。これが無ければ国内を出る事すらできません。
すぐに作れるものではないので初めて海外旅行に行くという人や、長期的に海外旅行に行っていないため期限が切れている人は最優先でパスポートの手続きは済ませておいてください。

国によっては入国時に残存有効期間が3ヶ月以上必要な国も有りますのでくれぐれも気をつけて下さい。

 

 

日本の常識が通用しない例としてはホテルのアメニティがあります。
日本ではタオル類や石鹸、歯磨きなどはホテルに常備してあるのが常識ですが、海外ではその常識が通用しません。
有名なホテルであれば常備している可能性が高いですが、地元のローカルなホテルでは望み薄なので、石鹸やシャンプー、歯ブラシなどの洗面用具一式はかならず持参するか現地で手配する必要があります。

 

女性に必須の身だしなみアイテムのヘアドライヤーヘアアイロンなどはホテルで用意していない場合があるので事前の確認をおすすめします。ない場合は自分で海外対応のドライヤーを用意をする必要がありますのでレンタルを利用するのが便利です。

ポット,ヘアドライヤー,プラグセット,などの旅行用品

 

 

スマホや携帯電話などを充電するためのバッテリー関係のグッズも海外旅行では必須です。海外のコンセントはそのままでは日本製の充電器などは使えないので、使えるようにするための海外用の電源変換プラグが必要です。

 

変換プラグセット。
日本製の器具のコンセントに指し込み現地のプラグ形状に合わせます。

 

マルチ変換プラグ。
組み合わせを変えることで色々なプラグに合わせて使えます。慣れるまで使いにくいかも。

マルチ変換プラグ

 

変換プラグアダプター。
日本製のコンセントを表側に指し込み裏側のパーツでプラグにあわせる。難しそうですが直感的に使ます。

変換プラグ

 

最近、人気上昇中のアイテムに海外レンタルWiFiがあります。海外にいても日本にいるのと同じよう友達とLINEをしたり、現地の情報を日本語で検索もできてSNSに撮った写真をすぐにアップしたりと大活躍です。

何よりうれしいのは、1日680円からのレンタル利用料で使える安心感です。

イモトの海外WiFi

 

 

海外旅行の達人達は必ず折り畳みのリュックサックやトートバックを持って行きます。ホテルから外出するときに必要なものだけをリュックに詰められるのでとても身軽に行動でき、帰国時に荷物が増えたときはサブバックとして活躍してくれますので、忘れずに。

 

 

スーツケースの選び方まとめ

以上のように、スーツケースは旅行の日数や持っていく荷物を把握し、それに適したサイズや容量のものを選ぶのが正しい選び方となっています。

正しくスーツケースを選ぶと、大きすぎて運搬が大変になることもありませんし、逆に小さすぎて荷物が入らなくなったというトラブルが発生することもなく、快適に旅行を楽しむことが出来るようになります。

また、あらかじめ旅行の目的と現地の情報をできる限りチェックをすることをおすすめします。それにより、忘れ物を心配する事もなくなり、余計なものをもっていかずに済みます。

 

コメントを残す