【旅のトラブル】スーツケースの鍵の紛失・壊れた・TSAロック

スーツケースを久しぶりに引っ張り出したら、鍵が紛失していた。または、海外のホテルで鍵が壊れたなど。とくに旅の途中で、スーツケースの鍵トラブルは非常にやっかいです。そこで、鍵(TSAロックなど)のトラブルに見舞われてしまったときの対処法を見ていきましょう。

空港でスーツケースの鍵を紛失

空港に到着して、スーツケース(キャリーバッグ)の鍵を紛失した(忘れた)ことに気付いたら、空港によってはリペアショップがあるので、お店に行ってみましょう。

3種類のスーツケースの鍵

 

成田国際空港では

  • Riat!(リアット) 中央B1F   営業時間 8:00~20:00   TEL 0476-32-6099
  • 成田国際空港振興協会(手荷物一時預かり所内) 本館3F(出発) 営業時間 6:30~22:00 TEL 0476-34-8533
  • ・RIMOWAエアポートサービスカウンター(※リモアスーツケースのみ対応) 本館1F(到着) 営業時間 10:00~19:00 TEL 0476-34-6525

の3カ所で鍵を開けてもらえます。

その他の空港でも同様のサービスはありますので調べておくと便利です。

空港にリペアショップがない場合は、近隣の鍵の業者が現場まで駆けつけてくれる場合もあります。

 

空港以外では

ホテルにも出張可能な鍵の業者があります。フロントに相談すると、ほとんどのホテルで対応してくれます。

また、旅行までに時間がある場合は、スーツケースの郵送や持ち込みで、合鍵を作ってもらうことで解決できます。

学生さんなどの団体旅行であれば、同行した人のキーを借りて開ける方法があります。鍵穴付近に刻印されている番号 通常はアルファベット1文字と数字3桁の組み合わせが多いです。例:H234 などになります。tsaの場合スーツケースのメーカーに関係なく番号が合えばキーは同じなので開けられます。

 

海外で鍵を紛失して路頭に迷った場合

言葉の通じない海外への1人旅。

そういった場合でもカギを壊すのは最終手段にしてください。

レンタルスーツケースの場合は、スーツケースレンタル会社に連絡をして相談して下さい。

開けられる方法が見付かる場合があります。

過去にはサンフランシスコに国際宅急便で送った事もあります。

 

ダイヤルロック式

暗証番号を忘れてしまった場合は、自力で解除することは難しいと思われがちですが、全て試す方法で意外と簡単に開けることができます。

3桁(1,000通り)が一般的です。思い付く番号全てが開かない場合でも、1,000通りなら思った以上に短時間で(慣れると15分程度)開ける事ができます。

ダイヤルを縦方向に回す隙間が見えるタイプであれば、正解の番号に当たれば、隙間ができるので当たりが分かります。

ダイヤルロック式の鍵

シリンダーロックキー

いざというときに限りですが、先を曲げたヘアピン2本使って解除できる可能性があります。ピッキングのように1本をかませて、もう1本で回す方法があります。

シリンダーロック式

ファスナータイプ

あくまで、緊急事態です。古いタイプであれば、ファスナーにボールペンを差し込み、鍵部分を無視して左右に動かすことで開く場合があります。ただし、ファスナーが壊れるのでスーツケースを使用できなくなります。

ファスナータイプのスーツケースの画像

 

 

TSAロック式の鍵が壊された

アメリカ国内の空港では、TSAロックの場合は、キーを掛けていいはずですが、極まれに壊されるケースがあるようです。その場合は、空港会社は保安を盾に補償してくれません。

そのさいは、空港を出る前に空港のカウンターで「破損証明書」を発行してもらいます。すぐに、海外旅行保険(携行品補償)に加入している保険会社に報告をしておくことで、保険の対象になります。

 

 

スーツケースは金庫ではありません。くれぐれも貴重品は入れない事をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す