海外旅行スーツケースのトラブルとは

スーツケースの取り違え

空港の荷物受取の際にターンテーブルから次々に出てくるスーツケース。乗り継ぎの時間がない場合など、早く自分のを引き取りたいものです。

しかし預けたスーツケースがなかなか出てこなかったり、ずっとターンテーブルで引き取り手がないスーツケースを見かけると、自分のが出てこないのではないかと不安になりますね。

スーツケースの取り違えは海外旅行中に多いトラブルの一つです。スーツケースは大きさの違いがあるものの、だいたい形は決まっています。

各メーカーで色や材質が多少違うものの、似ているものが多いからなのです。それでは、そのようなことに遭遇しないためには、どうすればいいのでしょうか。絶対間違えられない対処法とは?

バゲージクレイムの受け取り

ネームタグをつける

もしトラブルに遭ったら自分のスーツケースだと証明するためにもネームタグは必ずつけておきましょう

航空会社でも用意してありますが、紙製なので、受け取る際に取れてしまっていることがあります。

ネームタグには、名前、住所、電話番号のほか「JAPAN」と書いておくとスーツケースを取り違えられた時も見分ける方法になります。

 

シールなど目印をつける

好きなシールを貼って目印にしましょう。目立つシールなら一目でわかります。

シンプルなデザインのスーツケースのアクセントにもなりますし、なんといってもオリジナルのスーツケースに生まれ変わります。

旅行中に現地のロゴ入りのシールを購入して貼るのもいいですね。シールを見ると旅の思い出が蘇ることや、旅なれた自分を演出してみるのも楽しいですね。

 

スーツケースベルトをつける

スーツケースベルトをつけるのも目印になります。ネームタグ付きのものや、目立つデザインのものがあるのでお気に入りのベルトを見つけましょう。

但し、航空会社のセキュリティチェックの際に外されるので、紛失する可能性もありますから、他の方法と併用するのが得策です。

 

かわいいだけじゃないスーツケースカバーは機能的

汚れ防止という点ではビニール製のスーツケースカバーもありますが、おしゃれなスーツケースカバーで他のスーツケースと差別化する方法があります。

メーカー専用のものもありますが、どのスーツケースにも対応できるように伸縮性があったり、装着しやすい作りになっているのもあります。

ストレスなく使えるよう、工夫がされています。防水加工されているものなら、ちょっとした雨も安心。雨が降っていると飛行機に載せられるまで雨ざらしということもありますから、あると便利ですね。購入する際には、洗えるタイプのものを選ぶといいでしょう。

 

オリジナルのマークや絵で自由にアレンジ

日頃使っているオリジナルマークや絵などを描いてみるのはいかがでしょうか?

自分のスーツケースとわかればいいので、上手でなくても大丈夫です。

梱包テープを張って、その上に書けば消すのも簡単です。100円ショップで色々なアイデアが生まれそうです。

 

スーツケースの破損や紛失

悲しい!くやしい!ですが、スーツケースの破損や紛失トラブルは特別なことではありません。旅行中におきても知っていればあわてずにすみます。

預けた荷物は丁寧に扱われているとは限りません。海外旅行時のスーツケースの破損はつきものです。そのなかでも多いケースをご紹介します。

外観の損傷

バケージクレイム(荷物受取場)で荷物を受取ったときに直ぐに荷物の状態を確認します。

ハードケースの場合、キズが付いたり、割れたり凹んだりしていたら、楽しい気持ちも凹みます。

ソフトケースでは穴があいていたり、色味が変わるほど汚れてしまうこともあります。特に布製の場合汚れが付きやすく落し難いので、チェックイン時にビニール袋をもらえるので気になる方は必ず入れて預けましょう。

もし、海外の空港で運悪く何らかのダメージがあった場合は利用航空会社のインフォメーションにいきダメージレポートを発行してもらう事を忘れないで下さい。日本に帰国してから到着空港の同じ航空会社にダメージレポートを見せて修理などの補償を受けられるか確認をして下さい。

 

キャスターやハンドルなどの破損

空港のカウンターで預けた荷物は到着のバケージクレイムで受取るまでに何回か荷物の積み替えがあります。

その際に丁寧に荷物を積替えていれば良いのですが、もし、放り投げられた場合は運が悪ければ、スーツケースの角が凹んだりキャスターや伸縮ハンドルが壊れたというトラブルも多いです。ハンドルを伸ばそうとしたら出ない、また伸ばしたハンドルがしまえない、といった場合です。

キャリーバーが動かなくなった!の緊急トラブル対処法はこちらから

 

鍵の破損

航空会社に預けたのに到着空港で受取ったスーツケースの状態がなんか変。鍵穴の向きが左右で違うなど。

同時に鍵が壊されていないか、鍵が作動するか、開けた様子がないかを確認しましょう。

もし、中身を盗まれていたり壊されていたら直ぐに一番近いカウンター又は係員に状況を伝えます。その場合英語は話せなくても日本語で良いので、とにかく伝える必要があります。空港関係者には何が起きたか推測できますし、その後の保険請求には事実関係の書面が必用になります。

バケージクレイム(荷物受取場)を離れる前に必ず確認しましょう。

 

スーツケースの中身の盗難

ホテルに着いて荷を解く際に、中のものを盗まれていたことに気づくこともあります。その場合、どこで誰が盗んだかの特定は難しく、航空会社では責任をとってくれません。

預ける荷物には貴重品や高価な品物など入れないようにしましょう。

日本人は預けたものは安全に届けられるものと思っていますが、特に現金、カメラ、パソコンなどは手荷物として持って搭乗しましょう。

空港内で委託手荷物の鍵が壊されて中身が取られる事は珍しくありません。ヨーロッパでは特定の空港で起きています。荷物を積替える僅かな時間で起きるのでベルトを巻くなど二次的な防犯措置は有効です。

スーツケースの鍵は皆さんが考えるほど安全な機能を持っていません。tsaロックが普及してからはキーの番号も多くはありません。また、キーがなくてもドライバーがあれば簡単に壊せる鍵です。

 

海外旅行保険は入っておくべき

携行品の破損や紛失といったトラブルをカバーする海外旅行に特価した保険があります。

ネットで簡単に入れるものもあるので、念の為、海外旅行保険を掛けておいたほうがいいでしょう。また、空港で手軽に手続きができるATMのような自動販売機で保険を掛けることもできます。

また、クレジットカードに付帯されているものもあるので、一度クレジットカードのサービスを確認しておくことも必要です。

海外旅行に行くなら保険に入っておくべき! の記事はこちらから

 

 

【ロストバゲージ】海外では頻繁にあると心得よう!

ロストバゲージは、預けたスーツケースなどの荷物が受け取れないことを言います。

機械のトラブルや荷物が載り切れずに他の便に乗ってしまったなど、日本では馴染みのないことで起きるのですが、海外では往々にしてロストバゲージは起こります。

空港カウンターにロストバケージの申告

ロストバゲージに遭ったら

チェックインカウンターでスーツケースを預けた際にもらう預り証は、現地で引き取るまで必ず保管しておきましょう。万が一、スーツケースが出てこなかった場合に必要になります。

バケージクレイム(荷物受取場)で自分のスーツケースが出てこなかったら、ロストバゲージの受付をしてくれる航空会社のカウンターがあるので、すぐに預り証を持って申告手続きをしましょう。

スーツケースの特徴や中身、滞在するホテルや連絡先などの必要事項を記入すれば、航空会社でトラッキングの上、荷物をホテルに届けてくれます。

ヨーロッパの大手航空会社のデータでは1000人当たり2~4個の確率で起きるようです。但し、そのほとんどは2日以内に見付かるようですが、見付からないスーツケースが有るのも事実です。

当社でも年間で2件位はロスバケで見付からないお客様が発生しています。

 

ホテルに届くはずの荷物が誤配

航空会社の手配でスーツケースがホテルに届いたものの、他人のものが届く場合もあります。そのような誤配は日本では考えられないことですが、海外ではあり得ます。

しかし、荷物が届かなければ、衣服や靴など旅行に必要なものがありません。現地で買えばいいことはいいのですが、予想外の出費。このようなリスクもあるのだということを覚えておいてください。

もし、スーツケースが届かなくても、海外旅行保険に入っていれば、滞在中に起きたトラブルで必要となった費用をカバーできることがあります。その場合は、帰国してから請求できます。

 

 

 

想定内であれば対処も慌てずに

国内ではあまり起きないトラブルが海外旅行の際にはよく起きます。スーツケースの取り違えは日常茶飯事です。

空気が悪い空港のなかからいち早く出たいのは人間の心理なのか、乗り継ぎ便の時間がないからなのか、慌ててスーツケースをターンテーブルから取ってしまうのでしょう。

目印をしっかりつけていれば、そのようなリスクも回避できます。アイディアでご紹介したシールも今後旅行の度に訪れた場所や記念のシールを貼っておくと楽しくなります。

 

ロストバゲージというトラブルも、手続きの方法さえ、わかっていれば難しいことではありません。慌てずに行動しましょう。

万が一の備えとして、手荷物に着替えなどを入れておくと最悪の場合でもなんとかなります。というのも、大抵の場合、すぐに届くことはありません。一晩くらいかかるケースが多いようです。

さらにこれらのトラブルがあることを念頭に入れ、海外旅行保険に加入しておけば、なお安心です。

例えば荷物が届かなくて必要品を買ったとしても保険でカバーできる範囲で保険金を請求できます。また、スーツケースの破損なども請求対象になります。

いろいろお話してきましたが、さまざまなトラブルも旅の思い出です。せっかくの海外旅行ですから、トラブルも楽しむ余裕も持って体験して見るのも旅のお土産になります。

 

 

海外旅行に必要なスーツケースですが旅行先や目的によって必要なスーツケースの大きさが変わります。スーツケースのアイエルレンタルでは旅行に合わせたスーツケースのサイズはもちろん、色やデザインも選べて毎回違うスーツケースをお選び頂けます。

また、海外で必要になる変圧器やプラグセット・ヘアドライヤーもご用意しております。
スーツケースと一緒にレンタルすれば、余計な送料もかからないのでお得に利用頂けます。
海外旅行や出張に、是非ご活用下さい。

>スーツケースの一覧はこちら
>旅行用品の一覧はこちら

 

 

コメントを残す