ファスナー タイプとフレーム タイプあなたはどっち派?

スーツケースにも大きさや作りなど、それぞれ個性があります。旅行初心者の方は、何が自分にあっているのか悩ましいところです。またスーツケースには、大きさやカラーの違い以外にも、フレームタイプとファスナータイプがあります。それぞれの特徴を理解してレンタルすれば旅先でより快適に過ごす事ができるのです。

選ぶならどのタイプ?

スーツケースには、フレームタイプとファスナータイプの2種類があります。異なる点は、フタをしめて重なる部分がアルミなどの金属で作られているか、または布で作られているかです。

重いのは当然ながら金属製のフレームですが、手荒い扱いにも耐える丈夫さや盗難防止の抑止力になるなど、心配ごとが減少するのも事実です。ファスナーのタイプは軽量なことが利点ですが、荷物を沢山入れるとたわむ可能性があります。

旅行に慣れている方はビジネスではフレームタイプのスーツケースを、楽しむための家族旅行などではファスナータイプのスーツケースというように使い分けるようです。

フレームタイプの特徴とは?

フレームタイプは、ファスナータイプと違いフレームの部分が布ではなく金属で出来ています。頑丈で変形が少ないので中身の保護に威力を発揮し、瓶に入ったお酒や香水、ガラス製品などの割れ物を中に入れる場合には重宝します。

また、中身を無理やり取り出そうとする場合はバールなどでこじ開ける必要があり、セキュリティ面でも有効です。

デメリットは頑丈な分重量が増えることです。あまり中身を詰め込みすぎると空港で預ける際に重量制限に引っかかってしまい、追加料金が発生する場合があります。

また、ファスナータイプほど遊びが無いので、無理に詰めると中身がダメージを受ける場合もあり注意が必要です。なお、海外での窃盗事件はスーツケースごと持っていかれるケースが多いので、いくら頑丈といっても貴重品は預け荷物に入れないで、身の回りのバッグで自身で管理するようにしましょう。

軽量なファスナータイプ

ファスナータイプは、金属の割合を減らすことで軽量化しています。荷物の重量制限が厳しくなっているので、スーツケースが少しでも軽くなれば中に入れる量を増やすことができます。

また、ファスナーを全て開けなくても中のものを取り出すことも可能です。上の方にすぐに取り出したい小物などを入れておけば、いちいち全開にしなくても良いので非常に便利です。

このようにファスナータイプは開閉方向を選ばないと言う利点もありますが、剛性が低いのでケース全体で衝撃を吸収することができて本体が壊れにくいのも良い点です。その分、スーツケースの柔軟性が高いため、壊れやすいものを中に入れるのには適さないかもしれません。

ファスナー タイプもフレーム タイプも安心

スーツケースは丈夫であることも大切ですが、重くて持ち運びに苦労するようでは思う存分海外旅行を楽しむことができなくなってしまいます。

アイエルレンタルでは、お客様が存分に海外旅行を楽しんだり、海外のビジネスに打ち込むことができるよう、充分に丈夫なファスナータイプのものや、軽量化したフレームタイプのものを選りすぐって提供しています。

アイエルレンタルが取り揃えているスーツケースを選んでレンタルすれば、重さに悩まされることも、丈夫さに不安を覚えることもほとんどなく、海外旅行を楽しむことができるようになります。

スーツケースは、旅の行き先や目的に応じた種類のケースと最適なサイズのものを選択することが快適なたびをする秘訣です。特徴をつかんで適した物を選び、充実した良い旅に出来ると良いですね。

豊富な商品と手ごろな価格が魅力

アイエルレンタルでは最新のデザインのものを取り揃えており、新品、準新品、通常品と、たくさんのサイズやカラーから選ぶ楽しさもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする